駐日韓国大使館、同胞商工人対象にした「税金説明会」開く

駐日韓国大使館、同胞商工人対象にした「税金説明会」開く

駐日韓国大使館(大使:南官杓)は20日、東京・在日YMCAで世界韓人貿易協会東京支部(OKTA tokyo)会員を対象に、在日同胞商工人の税金問題を解決するための説明会を開いた。

今回の税金説明会は、同胞商工人の企業活動を支援し、税金申告の際に発生しかねない問題点などを解消するために設けられた行事で、駐日韓国大使館のシン・ジェボン国税管とシン・ジェヒョン関税管による税務・通関と関連する講義と相談が行われた。

東京・在日YMCAで世界韓人貿易協会
東京支部(OKTA tokyo)会員を対象に、在日同胞商工人の税金問題を解決するための説明会が20日、開かれた。写真は駐日韓国大使館のシン・ジェボン国税管(右)とシン・ジェヒョン関税管。

シン・ジェボン国税管は、昨年から両国の国税庁で施行されている「海外金融情報の自動交換制度」を詳しく説明し、「同胞商工人の韓国の金融口座情報を日本国税庁が受け取ることができようになっただけに、細心の税金申告が必要だ」と注意を呼びかけた。

またシン・ジェヒョン関税管は「AEO制度」の積極的な活用を強調した。AEO(Authorized Economic Operator)は、貿易関連企業のうち関税当局の審査を通過し認定された優秀企業を指す。韓国は、日本、米国、中国など19カ国とAEO相互承認約定を締結し、国際貿易の安全性と迅速通関を同時に確保している。シン関税管は「迅速通関や税関検査の免除など、通関過程でさまざまなメリットがある」とAEO制度の活用を呼び掛けた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  2. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  3. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  4. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…
  5. ‐2018年1月以来の1万5000ドル超え‐コロナ禍に米大統領選の不確実性加わり‐大統領選不服によ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »