JPモルガンCEO、「米10年物国債利回り5%可能性あり」

JPモルガンCEO、「米10年物国債利回り5%可能性あり」

米銀JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)が10年物米国債の利回りが5%にまで上昇する可能性があり、利回り上昇に備える必要があると語った。米テレビ局CNBCが6日報道した。現在、10年物米国債利回りは同日午前基準で2.93%だ。

CNBCによると、ダイモン氏は先週末にアスペン研究所が主催したイベントで、「10年物利回りは現時点で4%であるべきだと思う」とし「5%またはそれ以上の利回り上昇に備えるのがいい」と明らかにした。また「10年物の利回りが5%台に達する確率は、ほとんどの人々が思っているよりも高い」と語った。

ダイモン氏は以前、米10年物国債の利回りが2018年に4%に達する可能性があると予想した。米10年物国債の利回りは、住宅ローンや自動車ローンなど米国の全体金利策定基準として活用される。ダイモン氏の見通しは、米国経済の力強い成長の流れが続くという信念を反映したものとみられる。

米10年物利回りは、3.9%の低い失業率と4.1%の国内総生産(GDP)成長率といった米経済の好景気にもかかわらず、最近3%以下に留まっている。これは、安全資産である国債への需要がまだ安定していることを意味する。国債価格と反対に動く利回りがなかなか上昇していないことと関連して、一部の経済専門家らは「米国の経済が長期的に緩やかに成長するだろう」という見通しが反映されたと分析している。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国の女子大生らが最高80万円で自身の卵子を売っていることが明らかになった。中国のニュースサイトTh…
  2. 韓国統一省は22日、北朝鮮が同日午前に南北共同連絡事務所の韓国側に「北側の連絡事務所は上部の指示に基…
  3. 根本匠厚生労働相は22日、金浦(キンポ)空港で暴行事件を起こした同省の幹部に対し「事実関係をしっかり…
  4. ホテル新羅の社長でサンスン家の長女である李富真(イ・ブジン)氏の"プロポフォール投与疑惑"を捜査して…
  5. 米国のドナルド・トランプ大統領と日本の安倍晋三首相が4月から6月まで、毎月となる3ヶ月連続で面会し、…

おすすめ記事

  1. 2019-3-21

    Galaxy S10の仮想通貨ウォレットが注目されている理由

    ブロックチェーン・仮想通貨業界でいま注目を浴びているのが、サムスン電子の最新スマートフォンGalax…
  2. 2019-3-20

    「安保より実利」 米同盟国の背信…反中国連合に亀裂

    米国を中心とした反中国連合戦線に亀裂が生じ始めている。米国の同盟国を中心にした「反ファーウェイ戦線」…
  3. 2019-3-19

    韓食の決め手は塩

    塩をひとつまみ入れることで隠れていたうま味や甘味、辛み、などがすべて出てくるのです。キムチ作りにも白…
  4. 2019-3-18

    ピザ2枚から始まった仮想通貨決済…月々の家賃支払いまで可能に

    ブロックチェーン・仮想通貨業界で2010年5月22日は「ビットコインピザの日」と呼ばれている。米フロ…
  5. 2019-3-15

    スンリとチョン・ジュニョン、夜通しの取り調べ後帰宅…スンリは「入隊延期」

    性接待疑惑が取り沙汰されているBIGBANGのメンバー、スンリ(本名イ・スンヒョン、29才)と、性関…

アーカイブ

ページ上部へ戻る