ビットコイン、全体85%が採掘完了…残りは315万BTC

ビットコイン、全体85%が採掘完了…残りは315万BTC

■ビットコインの採掘率は85%
ビットコインの採掘率が全体発行量の85%水準に到達したとコインテレグラフが報じた。

報道によると、全2100万BTCのうち現在まで1785万BTCが採掘。残りは315万BTCであることがわかった。すべてのビットコインが採掘された時点は2140年ごろと推定される。採掘難易度と希少性は徐々に高まり、2020年5月にはブロック報酬が現在の12.5BTCから6.25BTCに減少すると予想される。

専門家らはビットコインの価値が今後も着実に上昇すると見る理由の一つとして、ビットコインの採掘率を挙げている。

■レジャーXのビットコイン先物…「CFTCの承認はなかった」
レジャーXが現物受け渡しのビットコイン先物取引を米国で初めて開始すると発表したが、米国商品先物取引委員会(CFTC)から正式な承認を受けなかったことがわかった。

コインポストなど海外メディアは1日(現地時間)、CFTCがレジャーXのビットコイン先物取引を承認した事実がないと報道した報じた。CFTCの関係者は「この件はCFTCの明確な承認が必要な事項」とし「正式に承認されたわけではない」とコメントした。

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…
  2. 株式会社「帝美」は12月10日、東京・目黒に位置する雅叙園で開催された、会員数1000人を超える年商…
  3. ナイキが「ブロックチェーン・スニーカー」の特許を出願した。 10日(現地時間)、ザ・ブロック…
  4. インドネシアのスマトラ島のアチェ特別自治州で、不倫などの疑いで公開むち打ち刑を受けた男性と女性が刑…
  5. 2019年に最も大幅の上昇を見せた仮想通貨はバイナンスコイン(BNB)であることが分かった。8日(現…

おすすめ記事

  1. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  2. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  3. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  4. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  5. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
ページ上部へ戻る