米SEC、「ビットコインETF」を9〜10月にまた延期

米SEC、「ビットコインETF」を9〜10月にまた延期

■SEC、ビットコインETFの承認申請3件について延期
米国証券取引委員会(SEC)がビットコインETF(上場投資信託)の承認を再び延期した。承認延期となったのはは、仮想通貨資産マネジメントのビットワイズ、資産運用会社ヴァンエックと金融サービス企業のソリッドX、ウィルシャーフェニックスファンドが申請したビットコインETF商品。

今年相次ぐビットコインETF承認申請にもかかわらずSECは、市場の混乱と相場操作のリスクなどを理由にすべての申請について承認の可否判断を延期している。

■仮想通貨関連犯罪被害額が今年だけで43億ドル
仮想通貨関連犯罪がますます増え、今年だけで約43億ドルの被害が発生したことが報告されたと、コインテレグラフが12日(現地時間)に報じた。

ブロックチェーンセキュリティ会社サイファートラックの報告書によると、仮想通貨取引詐欺、取引所へのハッキング、資金流用、マルウェア攻撃などで2019年1月から7月まで43億ドルの被害が発生した。犯罪の60%以上が中国で発生しており、ほとんどがビットコインを活用したという。

同社は「仮想通貨関連犯罪にアルトコインの割合は10%ほどで、特にマルウェア攻撃やランサムウェア攻撃の場合は2%未満であることがわかった。ビットコインとイーサリアムが集中対象となっている」と説明した。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 現地の人材をブロックチェーン専門のエンジニアとして育成し、技術開発に投入する目的で、インドでの事業展…
  2. 米テスラは、中国・上海工場で生産する電気自動車にLG化学のバッテリーを搭載することを決定した。LG化…
  3. ドイツの自動車メーカー「フォルクスワーゲン」は22日(現地時間)、同社が電気自動車メーカー「テスラ」…
  4. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、済州企業の日本市場進出拡大のため、8月21日(…
  5. 韓国政府が22日、日韓軍事情報保護協定(GSOMIA)破棄を電撃決定したなか、河野太郎外務大臣はこの…

おすすめ記事

  1. 韓国の食品医薬品安全処は21日、放射能が微量検出されて返送履歴がある輸入食品の安全性検査件数を2倍に…
  2. 昨年6月に第2次世界大戦以降初めて、西ヨーロッパ最初の大衆迎合主義(ポピュリズム) 政府がイタリアに…
  3. 韓国国民の4人に3人は、日本が経済報復措置を撤回しない限り日本製品の不買運動は続くと予想した。…
  4. 日本製品の不買運動の影響でユニクロなど日本ブランドの韓国モバイルアプリケーション(アプリ)の利用率が…
  5. 日本が福島第一原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画だとする…
ページ上部へ戻る