米SEC、「ビットコインETF」を9〜10月にまた延期

米SEC、「ビットコインETF」を9〜10月にまた延期

■SEC、ビットコインETFの承認申請3件について延期
米国証券取引委員会(SEC)がビットコインETF(上場投資信託)の承認を再び延期した。承認延期となったのはは、仮想通貨資産マネジメントのビットワイズ、資産運用会社ヴァンエックと金融サービス企業のソリッドX、ウィルシャーフェニックスファンドが申請したビットコインETF商品。

今年相次ぐビットコインETF承認申請にもかかわらずSECは、市場の混乱と相場操作のリスクなどを理由にすべての申請について承認の可否判断を延期している。

■仮想通貨関連犯罪被害額が今年だけで43億ドル
仮想通貨関連犯罪がますます増え、今年だけで約43億ドルの被害が発生したことが報告されたと、コインテレグラフが12日(現地時間)に報じた。

ブロックチェーンセキュリティ会社サイファートラックの報告書によると、仮想通貨取引詐欺、取引所へのハッキング、資金流用、マルウェア攻撃などで2019年1月から7月まで43億ドルの被害が発生した。犯罪の60%以上が中国で発生しており、ほとんどがビットコインを活用したという。

同社は「仮想通貨関連犯罪にアルトコインの割合は10%ほどで、特にマルウェア攻撃やランサムウェア攻撃の場合は2%未満であることがわかった。ビットコインとイーサリアムが集中対象となっている」と説明した。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 写真はpixabayから 英国王室のチャールズ皇太子が新型コロナウイルスに感染したことが分か…
  2. 25日の韓国株式市場で総合株価指数(KOSPI、コスピ)は5%を超える大幅の続伸を記録し1700台を…
  3. 米国のニューヨーク株式市場が新型コロナウイルス感染拡大に対する景気浮揚策への期待感から11%上昇した…
  4. 24日の韓国株は急反発し8%を超える上昇率で取引を終えた。…
  5. 中国の官営メディア新華社通信は24日、新型コロナウイルスの感染拡大で事実上「封鎖措置」が取られている…

おすすめ記事

  1. 韓国の人口が、3カ月連続で「自然減」となったことがわかった。婚姻と出産が急減したことが原因で、出生児…
  2. 韓国企業が、マスクの再利用が可能となる抗菌剤を開発し、注目を集めている。科学専門企業「Ventex」…
  3. 韓国京畿道城南市陽地洞(ソンナム市ヤンジ洞)にある教会「恩恵の川」の信徒40人が新型コロナウイルスに…
  4. 新型コロナウイルス感染症が全世界に拡がり、各国でマスクや消毒剤の品不足が起こっている中、突如としてト…
  5. 1981年に発表されたディーン・クーンツの小説「闇の眼」のキーワードだ。新型コロナウイルス感染症が中…
ページ上部へ戻る
Translate »