米SEC、「ビットコインETF」を9〜10月にまた延期

米SEC、「ビットコインETF」を9〜10月にまた延期

■SEC、ビットコインETFの承認申請3件について延期
米国証券取引委員会(SEC)がビットコインETF(上場投資信託)の承認を再び延期した。承認延期となったのはは、仮想通貨資産マネジメントのビットワイズ、資産運用会社ヴァンエックと金融サービス企業のソリッドX、ウィルシャーフェニックスファンドが申請したビットコインETF商品。

今年相次ぐビットコインETF承認申請にもかかわらずSECは、市場の混乱と相場操作のリスクなどを理由にすべての申請について承認の可否判断を延期している。

■仮想通貨関連犯罪被害額が今年だけで43億ドル
仮想通貨関連犯罪がますます増え、今年だけで約43億ドルの被害が発生したことが報告されたと、コインテレグラフが12日(現地時間)に報じた。

ブロックチェーンセキュリティ会社サイファートラックの報告書によると、仮想通貨取引詐欺、取引所へのハッキング、資金流用、マルウェア攻撃などで2019年1月から7月まで43億ドルの被害が発生した。犯罪の60%以上が中国で発生しており、ほとんどがビットコインを活用したという。

同社は「仮想通貨関連犯罪にアルトコインの割合は10%ほどで、特にマルウェア攻撃やランサムウェア攻撃の場合は2%未満であることがわかった。ビットコインとイーサリアムが集中対象となっている」と説明した。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 19日に開かれた第11回韓米防衛費分担交渉の3次会議が予定通り進まず早く終了した。午前10時に始まり…
  2. 中国の習近平国家主席が仮想通貨について「金融詐欺」という言葉を発したことで、仮想通貨が全面安の動きを…
  3. 韓国産業通商資源部と韓国貿易協会が18日に発表した資料によると、今年1月から10月まで対日本の貿易収…
  4. 香港に駐留している中国人民解放軍(PLA)が香港の街に現れた。デモで汚くなった道路などを掃除するため…
  5. 米連邦準備制度理事会(FRB)がステーブルコインによって世界金融市場に小さくない打撃がくると警告した…

おすすめ記事

  1. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  2. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
  3. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
  4. 沖縄にある首里城の火災は韓国人が放火したのではないかというデマが広がっている。…
  5. 北朝鮮は25日、金剛山観光地区から韓国側の施設を撤去する計画の議論を求める通知文書を発送した。…
ページ上部へ戻る