香港空港が運営再開…デモ隊は解散

香港空港が運営再開…デモ隊は解散

「逃亡犯条例」改正案の撤回を求める大規模デモの影響で12日から麻痺された香港国際空港が13日午前より一部の機能が再開されたことがわかった。空港を占拠していたデモ隊はほとんどが自主解散したと報じられている。

AFP通信など海外メディアによると、香港国際空港の広報担当者は同日、搭乗手続きを再開したと発表した。しかし一部の航空便が欠航したままで、運航スケジュールを再調整しているという。

デモ隊は9日から3日間の日程で、空港の入国ゲートで反政府デモを行った。11日夕方には警察とデモ隊が衝突し、デモに参加していた女性が警察が撃ったゴム弾に当たって眼球が破裂する負傷を負った事件が発生。怒った市民がさらに空港に集結し、衝突はさらに激化した。

デモ隊が出発ロビーまで占拠すると、空港側は航空便の運航を取り消し、12日午後から空港を閉鎖した。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 韓国の中古品売買サイト「ニンジンマーケット」で問題となった出品のキャプチャ ‐該当出品は現在削除、…
  4. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  5. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
ページ上部へ戻る
Translate »