香港空港が運営再開…デモ隊は解散

香港空港が運営再開…デモ隊は解散

「逃亡犯条例」改正案の撤回を求める大規模デモの影響で12日から麻痺された香港国際空港が13日午前より一部の機能が再開されたことがわかった。空港を占拠していたデモ隊はほとんどが自主解散したと報じられている。

AFP通信など海外メディアによると、香港国際空港の広報担当者は同日、搭乗手続きを再開したと発表した。しかし一部の航空便が欠航したままで、運航スケジュールを再調整しているという。

デモ隊は9日から3日間の日程で、空港の入国ゲートで反政府デモを行った。11日夕方には警察とデモ隊が衝突し、デモに参加していた女性が警察が撃ったゴム弾に当たって眼球が破裂する負傷を負った事件が発生。怒った市民がさらに空港に集結し、衝突はさらに激化した。

デモ隊が出発ロビーまで占拠すると、空港側は航空便の運航を取り消し、12日午後から空港を閉鎖した。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  2. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…
  3. 新型コロナウイルスの発生を最初に告発したものの、逆に中国政府の弾圧を受ける事になってしまった李文亮医…
  4. ビットコインは強力的な抵抗線である1万ドルを突破した。ビットコインが1万ドル台に進入したのは昨年11…
  5. 「ウクライナ・スキャンダル」から始まったドナルド・トランプ米国大統領に対する弾劾案が現地時間5日、米…

おすすめ記事

  1. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  2. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  3. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  4. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  5. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
ページ上部へ戻る
Translate »