「私がサトシ・ナカモト」…またも登場

「私がサトシ・ナカモト」…またも登場

ビットコインの創設者として知られている「サトシ・ナカモト」を名乗る人物がまたも登場した。その人物は日本時間19日午前5時、自身のウェブサイトを通じて本人の正体とビットコインの起源を明らかにした。

ウェブサイトによると、「サトシ・ナカモト」を名乗る人物はパキスタン出身のコンピュータ科学者で、ビットコインの概念と構造を設計したという。また一緒にビットコインを開発した開発者についても言及し、2014年に筋萎縮性側索硬化症(ALS)で死亡した暗号研究者ハル・フィニー氏だという。

ビットコインの名称は、BCCI(Bank of credIT and COmmerce INternational)という中東銀行の名称から取ったものであり、中央政府から独立した電子マネーを作ろうと決心したのがビットコインの始まりだと説明した。

仮想通貨専門メディアCCNは、この発表についてビットコイン関連コミュニティでの反応は冷淡だと紹介した。ただの主張であるだけで、証明できるが証拠がないという。ライトコインの創始者チャーリー・リー氏はツイッターに「架空な話はなんの効果もない」とし「詐欺の可能性が高い」と述べた。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ライバル企業の金融業への進出を見守っていたグーグルが銀行と手を組み、来年から銀行口座サービスを開始す…
  2. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  3. 韓国NAVERの日本子会社「LINE」と日本のソフトバンク子会社の検索ポータル「ヤフー」が経営統合に…
  4. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
  5. 米ウォルト・ディズニー社が野心的にリリースした動画ストリーミングサービス「ディズニー・プラス」がサ…

おすすめ記事

  1. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
  2. 沖縄にある首里城の火災は韓国人が放火したのではないかというデマが広がっている。…
  3. 北朝鮮は25日、金剛山観光地区から韓国側の施設を撤去する計画の議論を求める通知文書を発送した。…
  4. 中国の経済成長率が史上最低水準に低下した。中国の景気減速速度が速くなり、今年の経済成長率が6%前半で…
  5. 今年6月に沖縄県那覇市で中国人観光客をAEDで助けた蔚山(ウルサン)消防本部職員に那覇市消防局長から…
ページ上部へ戻る