韓国上場企業、純利益が43%減…半導体依存が深刻に

韓国上場企業、純利益が43%減…半導体依存が深刻に

韓国上場企業の純利益が大幅に減少したことがわかった。しかし、サムスン電子やSKハイニックスを除けば、営業利益と純利益の減少幅が相当部分長期縮小し、半導体業況に全体企業の実績が左右される“歪曲現象”がまだ深刻であることも明らかになった。

韓国取引所と韓国上場会社協議会が19日に発表した、上場企業574社の連結財務諸表を分析した結果によると、全企業の上半期の連結売上高は988兆ウォンで、前年同期比0.83%増となった。しかし、営業利益と純利益は55兆ウォンと37兆ウォンを記録し、それぞれ37.09%、42.95%減少した。営業利益率は5.57%で、前年同期比3.36%ポイント減少した。

サムスン電子やSKハイニックスを除けば、営業利益と純利益の減少幅が大きく縮小した。全企業の上半期の連結売上高でサムスン電子が占めるのは10.98%。サムスン電子を除いて営業利益と順利益を算出すると、それぞれ42兆ウォン、27兆ウォンで前年同期比25.92%減、36.57%減となる。

サムスン電子とSKハイニックスの両社を除く場合には、売上高は2.91%増となり、営業利益(14.53%減)と純利益(27.88%)とさらに減少幅が縮まる。

専門家らは半導体依存がまだ深刻で、半導体業況が上場企業全体の業績を低下させたと分析した。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…
  2. 新型コロナウイルスの発生を最初に告発したものの、逆に中国政府の弾圧を受ける事になってしまった李文亮医…
  3. ビットコインは強力的な抵抗線である1万ドルを突破した。ビットコインが1万ドル台に進入したのは昨年11…
  4. 「ウクライナ・スキャンダル」から始まったドナルド・トランプ米国大統領に対する弾劾案が現地時間5日、米…
  5. 非核化に関する北朝鮮の新たな動きや姿勢の変化が無ければ、現在の米朝関係の冷え込みは暫くの間、続くとみ…

おすすめ記事

  1. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  2. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  3. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  4. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  5. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
ページ上部へ戻る
Translate »