イラン経済制裁再発動、原油価格90ドル超えの可能性も

イラン経済制裁再発動、原油価格90ドル超えの可能性も

米国が現地時間6日からイランに対する経済制裁を再発動した事により、国際原油価格が1バレル90ドルまで上がるとする主張が提起された。

米国の市場調査会社Energy Aspects(エナジー・アスペクト)のチーフ石油アナリスト、アムリタ・セン氏は、同日の米国CNBCの番組で「(今年の第4四半期には)価格が80ドルを軽く超える可能性が高く、最悪の場合には90ドル台に届く可能性もある」と述べた。
セン氏は「中国がイランの原油を全て買ってしまうと考える人も多いが、中国が輸入量を増やさずに現状を維持する可能性もある」と説明。更に「市場で深刻な供給不足が起こる可能性もあり、これは原油価格の上昇を意味している」と付け加えた。

同日の北海産ブレント油の先物価格は1バレル73.75ドルで0.7%上がり、アメリカ西部テキサス産原油(WTI)の先物価格は69.01ドルで0.8%上昇した。イランが最後に経済制裁を受けた際には、1日240万バレルの石油が市場から姿を消した。しかしCNBCは、今回の制裁による供給量減少は以前の半分程度に留まると見ているエネルギー・アナリストが大半だと伝えている。

米金融大手モルガン・スタンレーは、イランの原油生産量が第4四半期には1日100万バレル以上減り、270万バレルまで下がると見ている。バンクオブアメリカ・メリルリンチは先月末のリサーチノートで、1日100万バレルの供給減少はブレント油価格を17ドル程度引き上げると分析した。

昨年5月にイランとの核合意から脱退した米国は、以前に予告した通り、今月6日からイランに対する経済制裁を再発動した。今回の一次制裁はイランの外国為替市場への接近遮断が核心内容で、イランの石油輸出遮断を含めた二次制裁は90日後の11月5日から始まる予定だ。

翻訳︰水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が対北制裁の例外となる観光事業などを進めるとの考えを明らかにした事について、米ホワイトハウス…
  2. 米国と中国の「第1段階の貿易合意」にもかかわらず、貿易をめぐる両国の緊張はまだ終わっていないという意…
  3. イラン司法当局が14日(現地時間)、ウクライナ機の撃墜と関連し、多数の容疑者を逮捕したと発表した。…
  4. 仮想通貨情報サイトのコインマーケットキャップによると、15日午前11時基準でビットコインの価額は過去…
  5. 中国の湖北省武漢市で発生したウイルス性肺炎の感染事例が香港、台湾に続き、タイでも確認されるなど、徐々…

おすすめ記事

  1. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  2. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  3. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  4. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
  5. 中国政府が湖北省・武漢市で集団発生した原因不明の肺炎について重症急性呼吸器症候群(SARS)ではな…
ページ上部へ戻る