イラン経済制裁再発動、原油価格90ドル超えの可能性も

イラン経済制裁再発動、原油価格90ドル超えの可能性も

米国が現地時間6日からイランに対する経済制裁を再発動した事により、国際原油価格が1バレル90ドルまで上がるとする主張が提起された。

米国の市場調査会社Energy Aspects(エナジー・アスペクト)のチーフ石油アナリスト、アムリタ・セン氏は、同日の米国CNBCの番組で「(今年の第4四半期には)価格が80ドルを軽く超える可能性が高く、最悪の場合には90ドル台に届く可能性もある」と述べた。
セン氏は「中国がイランの原油を全て買ってしまうと考える人も多いが、中国が輸入量を増やさずに現状を維持する可能性もある」と説明。更に「市場で深刻な供給不足が起こる可能性もあり、これは原油価格の上昇を意味している」と付け加えた。

同日の北海産ブレント油の先物価格は1バレル73.75ドルで0.7%上がり、アメリカ西部テキサス産原油(WTI)の先物価格は69.01ドルで0.8%上昇した。イランが最後に経済制裁を受けた際には、1日240万バレルの石油が市場から姿を消した。しかしCNBCは、今回の制裁による供給量減少は以前の半分程度に留まると見ているエネルギー・アナリストが大半だと伝えている。

米金融大手モルガン・スタンレーは、イランの原油生産量が第4四半期には1日100万バレル以上減り、270万バレルまで下がると見ている。バンクオブアメリカ・メリルリンチは先月末のリサーチノートで、1日100万バレルの供給減少はブレント油価格を17ドル程度引き上げると分析した。

昨年5月にイランとの核合意から脱退した米国は、以前に予告した通り、今月6日からイランに対する経済制裁を再発動した。今回の一次制裁はイランの外国為替市場への接近遮断が核心内容で、イランの石油輸出遮断を含めた二次制裁は90日後の11月5日から始まる予定だ。

翻訳︰水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  2. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  3. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  4. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…
  5. ビットコイン(BTC)が1日で700ドルも急落した。特に今回の急落の背景として、韓国最大の仮想資産取…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »