韓国の大型連休…旅行先は日本に代わり東南アジア

韓国の大型連休…旅行先は日本に代わり東南アジア

日本製品の不買運動が尾を引く韓国。今年の秋夕連休の旅行先も、これまで上位圏を独占していた日本の主要都市ではなく東南アジアを選択する人が増えている。

ウィーメイクプライス社が、9月の秋夕期間(7~15日出国基準) に同社を通して予約された航空券を都市別に分析した結果、日本に代わり台頭しているのはダナンやバンコクなど東南アジアの都市だという。

昨年の秋夕連休(2018年9月22~30日) 、海外航空券の都市別予約率はダナン(14.8%)、大阪(13.8%)、福岡(10.4%)、東京(10%)、沖縄(5.8%)と、上位をほぼ日本の都市が占めていた。

しかし今年はダナン(12.6%)、バンコク(6.5%)、グアム(6%)、セブ(5.4%)、大阪(5.3%) となっており、福岡(6位)、東京(7位)、沖縄(14位)などはすべて5位圏外であった。

ダナンは今年の秋夕でも1位の座を固守。9位のハノイも前年比で456%も増加を見せるなど、とりわけベトナムの人気が高い。

3位以下にはバンコク(249%)、グアム(123%)、セブ(8%)が続き、日本以外の都市がランキング上位に食い込んだ。

一方で日本の主要都市は、大阪(-62%)、福岡(-66%)、東京(-71%)などで軒並み大幅に減少しており、就航都市全体の予約数も64%低下した。

ウィーメイクプライスの関係者は「最繁忙期にあたる秋夕連休航空券の予約は、通常2~6か月前に発売が開始される。日韓関係が急激に悪化した7月以降、多くの顧客が日本旅行をキャンセルし東南アジアへ目を向けたものと見られる」と語った。

翻訳者:M.I

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米ネットフリックスが21日(現地時間)、昨年第4四半期の実績を発表した。発表によると、海外の新規会員…
  2. ロシア極東ウラジオストクに輸入された日本製の自動車から基準値を超える放射線が検出され、日本に返送した…
  3. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染者が初めて米国でも確認された。中国の首都北京をはじ…
  4. 昨年、韓国経済が成長率2%台の維持に成功した。しかし、2009年の世界的な金融危機以降、最も低い成長…
  5. 中国の保健当局が新型肺炎の「人から人への感染」を確認したと発表した。…

おすすめ記事

  1. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  2. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  3. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  4. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  5. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
ページ上部へ戻る