北朝鮮が国を挙げてウサギ飼育する理由は?…「味も良く育て易い」

北朝鮮が国を挙げてウサギ飼育する理由は?…「味も良く育て易い」

北朝鮮が食肉供給のためにウサギ飼育に心血を注いでいる。金正恩北朝鮮国務委員長もウサギの肉をさらに多く生産するよう促している。

労働新聞など北朝鮮メディアによると、最近北朝鮮の各学校では年間3000万匹以上のウサギを飼育している。青年同盟中央委員会が各青年同盟組織と少年団組織にウサギ飼育の方法を普及し、競争をつけ青少年学生が積極的に参加するように呼びかけているという。

金委員長も「農村地域をはじめ、ウサギを育てることができるすべての所でウサギ飼育を群衆運動として拡散させ、より多くの肉を生産するようにしなければならない」と促した。

北朝鮮では、全国の市・郡農業勤労者組織で9月中旬から9月下旬の間にウサギの品評会が行われる。

実際に北朝鮮はウサギを上手く育てる方法、ウサギの生物学的特性、ウサギ飼育の手本などを相次いで紹介するなど、ウサギ飼育量の増大に党として関わっている様子だ。

労働新聞は「ウサギは少ない餌でも繁殖率が非常に高い家畜」とし「山や草原どこにでもウサギを飼育して草を肉にすることができる。トウモロコシの葉や干し草を粉砕して、そこにふすま(麬)などを混ぜてウサギに与えてもよく育つ」と紹介した。

特にウサギ肉の利点について積極的に広報している。

新聞は「ウサギ肉は味が良く、栄養価の高い食べ物」とし「消化吸収が良いので、人々の健康にも非常に良い」と推奨した。また、ウサギの肉は、タンパク質が多いだけでなく、動脈硬化症の予防にもなると勧めた。

これと共にウサギ肉を活用した料理も紹介し、「ウサギ肉を入れて作った豆腐醤はとても美味しい」、「ウサギ肉に青唐辛子を入れ、醤油漬けなどを作ってもいい」と宣伝している。

また「ウサギをたくさん飼育すると質の良い肥料も貰えられ、農地の地力も高めることができる」とし「ウサギの排泄物は、他の家畜の排泄物より有機質が高く含まれているため、肥えた土地を作るには最も良い」と強調した。

翻訳:尹 怡景

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…
  2. 株式会社「帝美」は12月10日、東京・目黒に位置する雅叙園で開催された、会員数1000人を超える年商…
  3. ナイキが「ブロックチェーン・スニーカー」の特許を出願した。 10日(現地時間)、ザ・ブロック…
  4. インドネシアのスマトラ島のアチェ特別自治州で、不倫などの疑いで公開むち打ち刑を受けた男性と女性が刑…
  5. 2019年に最も大幅の上昇を見せた仮想通貨はバイナンスコイン(BNB)であることが分かった。8日(現…

おすすめ記事

  1. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  2. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  3. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  4. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  5. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
ページ上部へ戻る