ノボグラーツ氏、「ビットコインは底固めの局面」

ノボグラーツ氏、「ビットコインは底固めの局面」

■ノボグラーツ氏のビットコイン分析「反発控えた状況」
ヘッジファンドの元マネージャーで仮想通貨投資家として有名なマイケル・ノボグラーツ氏は、最近急速に変化するビットコイン市場状況について「床固め」との見方を明らかにした。

同氏は7日(現地時間)、メディアのインタビューを通じて「現在のビットコイン相場は強い反発を控えた一種の底固め」と分析した。また、「ビットコインの価値は金に次ぐ水準に上昇してきた」とし「仮想通貨のインフラ普及で取引量が増えるほど、ビットコインの価値は引き続き上昇するだろう」と楽観的な長期見通しを明らかにした。

■香港、仮想通貨ファンド運営の規制案発表
7日(現地時間)コインテレグラフによると、香港証券先物委員会(SFC)は仮想通貨ファンド運営に関する規制ガイドラインを発表した。

規制案には300万香港ドル以上の資本を保有するファンドに対し、資金洗浄防止とテロ資金調達防止国際法の遵守、独立した口座の運営、資産分離運用などのファンド運用会社が遵守すべき内容が盛り込まれている。

香港は今年3月にも証券型トークン発行(STO)の規制案を発表するなど、仮想通貨とブロックチェーン産業の育成に積極的に乗り出している。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. インドネシアのスマトラ島のアチェ特別自治州で、不倫などの疑いで公開むち打ち刑を受けた男性と女性が刑…
  2. 2019年に最も大幅の上昇を見せた仮想通貨はバイナンスコイン(BNB)であることが分かった。8日(現…
  3. 韓国政府は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)のような仮想通貨の取引収入に対する課税案作…
  4. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  5. 写真はBTSのオフィシャルSNSから BTS(防弾少年団)が披露する新しい複合体験空間「BT…

おすすめ記事

  1. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  2. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  3. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  4. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
  5. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
ページ上部へ戻る