サウジ沖でイランのタンカー爆発…テロの可能性も

サウジ沖でイランのタンカー爆発…テロの可能性も

サウジアラビアの港でイラン国営石油会社のタンカーが爆発し、大量の石油が紅海に流出した。イランは今回の爆発がテロ攻撃だと判断している。

中東の衛星テレビ局アルジャジーラによると、サウジアラビアの港湾都市ジェッダから120キロメートル離れた海上に停泊していたイラン国営石油会社所属のタンカーが11日(現地時間)、爆発した。イランの官営通信社であるISNAは、その爆発で船舶が大きく破損され、大量の石油が紅海に流れ込んだと報じた。ISNAは今回の事件について「専門家らは、テロ攻撃とみている」と伝えた。

サウジ政府と近隣海域に駐留している米海軍第5艦隊は同事件と関連しまだ詳細な説明を出していない。

サウジは今年8月以降ホルムズ海峡で発生した一連のタンカー襲撃事件の背後にイランがあると判断しており、先月の石油施設襲撃もイランの犯行とみている。

このように両国関係が険悪な中、今回の事件がテロ攻撃で起きたとされる場合、中東の緊張はさらに高まる見通しだ。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米ウォルト・ディズニー社が野心的にリリースした動画ストリーミングサービス「ディズニー・プラス」がサ…
  2. 韓国の先月の就業者数がサービス業を中心に40万人以上増加した。3ヶ月連続30万人台以上を記録し、雇用…
  3. 米連邦準備制度理事会(FRB)元議長のアラン・グリーンスパン氏が中央銀行発行のデジタル通貨(CBDC…
  4. 北朝鮮か韓国の金剛山施設撤去を要求した背景には、施設の使用権を確保しようとする意図があるという意見が…
  5. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…

おすすめ記事

  1. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
  2. 沖縄にある首里城の火災は韓国人が放火したのではないかというデマが広がっている。…
  3. 北朝鮮は25日、金剛山観光地区から韓国側の施設を撤去する計画の議論を求める通知文書を発送した。…
  4. 中国の経済成長率が史上最低水準に低下した。中国の景気減速速度が速くなり、今年の経済成長率が6%前半で…
  5. 今年6月に沖縄県那覇市で中国人観光客をAEDで助けた蔚山(ウルサン)消防本部職員に那覇市消防局長から…
ページ上部へ戻る