サウジ沖でイランのタンカー爆発…テロの可能性も

サウジ沖でイランのタンカー爆発…テロの可能性も

サウジアラビアの港でイラン国営石油会社のタンカーが爆発し、大量の石油が紅海に流出した。イランは今回の爆発がテロ攻撃だと判断している。

中東の衛星テレビ局アルジャジーラによると、サウジアラビアの港湾都市ジェッダから120キロメートル離れた海上に停泊していたイラン国営石油会社所属のタンカーが11日(現地時間)、爆発した。イランの官営通信社であるISNAは、その爆発で船舶が大きく破損され、大量の石油が紅海に流れ込んだと報じた。ISNAは今回の事件について「専門家らは、テロ攻撃とみている」と伝えた。

サウジ政府と近隣海域に駐留している米海軍第5艦隊は同事件と関連しまだ詳細な説明を出していない。

サウジは今年8月以降ホルムズ海峡で発生した一連のタンカー襲撃事件の背後にイランがあると判断しており、先月の石油施設襲撃もイランの犯行とみている。

このように両国関係が険悪な中、今回の事件がテロ攻撃で起きたとされる場合、中東の緊張はさらに高まる見通しだ。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  3. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  4. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  5. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »