米CME、新しいイーサリアム指数提供開始…先物上場の動きも

米CME、新しいイーサリアム指数提供開始先物上場の動き

米経済専門チャンネルCNBCは14日(現地時刻)、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)が市価総額2位の仮想通貨イーサリアムのリアルタイム価格を提供する2種類のインデックス提供を開始すると報じた。

CMEがビットコインに続き、新しい仮想通貨の先物を上場するとの予測に信頼性が増している。 
実際にイーサリアム指数の構造はビットコインと極めて類似している。CMEは去年12月中旬、ビットコイン先物を上場した。ビットコインインデックスの提供を始めてから約一年となる時点だった。

CMEは、「現在、インデックスの提供開始だけに集中している。すぐにイーサリアム先物を上場させる計画はない」と述べ、先物に対する世間の期待を一蹴した。

今回開始されたイーサリアムインデックスは「CME CFイーサリアムの標準レート」と「CME CFイーサリアムのリアルタイムインデックス」だ。インデックスは、イギリスの金融サービス会社 クリプト・ファシリティーズが主要仮想通貨の取引所であるクラーケンとビットスタンプの取引データに基づいて算出する。

現時点でのイーサリアムは、740ドル付近で取引されている。これは、今年初めに記録した歴代最高値より45%低い価格だ。コインデスクによると、午後5時3分のイーサリアム価格は24時間前より0.93%高の741.33ドルを記録した。

同日、ニューヨークブロックチェーンウィークの‘コンセンサス・コンファレンス’で演説した米商品先物取引委員会(CFTC)委員のブライアン・クインテンツ氏は「いくつかの取引所がイーサリアム基盤のデリバティブ(金融派生商品)の上場に関心を寄せた。最終的な決定は慎重に行われるべきだ」と強調した。

CMEビットコイン先物の場合、上場初期の取引量はそこまで多くなかったが、今年の4月末から急に増加し、契約件数で歴代最高水準の1万件を突破している。

翻訳:尹 怡景

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  2. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  3. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  4. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…
  5. 米国ホワイトハウスでの新型コロナウイルス感染拡大が止まらない。日々新たな感染者が発生し、現在までホ…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »