米CME、新しいイーサリアム指数提供開始…先物上場の動きも

米CME、新しいイーサリアム指数提供開始先物上場の動き

米経済専門チャンネルCNBCは14日(現地時刻)、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)が市価総額2位の仮想通貨イーサリアムのリアルタイム価格を提供する2種類のインデックス提供を開始すると報じた。

CMEがビットコインに続き、新しい仮想通貨の先物を上場するとの予測に信頼性が増している。 
実際にイーサリアム指数の構造はビットコインと極めて類似している。CMEは去年12月中旬、ビットコイン先物を上場した。ビットコインインデックスの提供を始めてから約一年となる時点だった。

CMEは、「現在、インデックスの提供開始だけに集中している。すぐにイーサリアム先物を上場させる計画はない」と述べ、先物に対する世間の期待を一蹴した。

今回開始されたイーサリアムインデックスは「CME CFイーサリアムの標準レート」と「CME CFイーサリアムのリアルタイムインデックス」だ。インデックスは、イギリスの金融サービス会社 クリプト・ファシリティーズが主要仮想通貨の取引所であるクラーケンとビットスタンプの取引データに基づいて算出する。

現時点でのイーサリアムは、740ドル付近で取引されている。これは、今年初めに記録した歴代最高値より45%低い価格だ。コインデスクによると、午後5時3分のイーサリアム価格は24時間前より0.93%高の741.33ドルを記録した。

同日、ニューヨークブロックチェーンウィークの‘コンセンサス・コンファレンス’で演説した米商品先物取引委員会(CFTC)委員のブライアン・クインテンツ氏は「いくつかの取引所がイーサリアム基盤のデリバティブ(金融派生商品)の上場に関心を寄せた。最終的な決定は慎重に行われるべきだ」と強調した。

CMEビットコイン先物の場合、上場初期の取引量はそこまで多くなかったが、今年の4月末から急に増加し、契約件数で歴代最高水準の1万件を突破している。

翻訳:尹 怡景

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が対北制裁の例外となる観光事業などを進めるとの考えを明らかにした事について、米ホワイトハウス…
  2. 米国と中国の「第1段階の貿易合意」にもかかわらず、貿易をめぐる両国の緊張はまだ終わっていないという意…
  3. イラン司法当局が14日(現地時間)、ウクライナ機の撃墜と関連し、多数の容疑者を逮捕したと発表した。…
  4. 仮想通貨情報サイトのコインマーケットキャップによると、15日午前11時基準でビットコインの価額は過去…
  5. 中国の湖北省武漢市で発生したウイルス性肺炎の感染事例が香港、台湾に続き、タイでも確認されるなど、徐々…

おすすめ記事

  1. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  2. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  3. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  4. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
  5. 中国政府が湖北省・武漢市で集団発生した原因不明の肺炎について重症急性呼吸器症候群(SARS)ではな…
ページ上部へ戻る