「コンセンサス」にも効果無し…ビットコイン8000ドル台も崩壊か

「コンセンサス」にも果無し…ビットコイン8000ドル

仮想通貨業界の最大イベント「ニューヨークブロックチェーンウィーク」という追い風にもかかわらず、ビットコインの価格は弱含みで推移している。今週に入ってから、ビットコインの価格は10%も下がっている。

アップビット事態にビッサムの悪材料が加わった結果、ビットコインの価格は韓国内の取引でも920万ウォン台まで下落した。韓国検察によるアップビット家宅捜査の結果発表を控えており、緊張が続いている模様だ。

ブロックチェーンウィークを代表するコンファレンスの「コンセンサス」には去年より3倍以上の人が参加するなど大盛況となった。

今年のブロックチェーンウィークは、11日(以下、現地時刻)から17日まで開かれ、コンセンサスなど24以上のイベントやコンファレンスが行われた。
コインデスクによると、17日午後5時1分のビットコイン価格は24時間前に比べ1.53ポイント下がった8212.86ドルで取引された。前場から落ち始め、一時8100ドルまで下落した。

オアンダのアナリスト、クレイグ・アーラム氏は「仮想通貨の市場は未だに弱い方だ。心理に左右される市場の性格を考えると、最近好材料が無かっただけに、ビットコインの価格が8000ドル台を下回っても驚くことはないだろう」と述べた。

主要アルトコインの価格も共に下落し続けている。イーサリアムが2.36ポイント安の690.13ドル。ビットコインキャッシュは3.68ポイント下がった1236.74ドル、ライトコインは2.84ポイント安の135.08ドルだった。リッフルは24時間前より4.84ポイント安の0.68ドルで取引された。

韓国内の取引でも下落している。仮想通貨取引所のビッサムによると、同時刻のビットコインは24時間前に比べ、0.62ポイント下がった922万6000ウォンで取引された。ビットコインキャッシュは2.81ポイント安の138万ウォンだった。

翻訳:尹怡景

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. パウエル議長がまたも利下げ示唆…「適切に行動していく」 パウエル連邦準備制度理事会(FRB)…
  2. “リブラ衝撃”にBTCが急落…一部では6000ドルまで後退も予想 Facebookの独自仮想…
  3. 米国のドナルド・トランプ大統領は16日、北朝鮮問題について「制裁は引き続き維持されている」と、急ぐ事…
  4. 台風5号「ダナス」発生…日本への影響は? 台風5号「ダナス」がフィリピンの東海上で発生した。…
  5. 17日の仮想通貨市場は、ほとんどの銘柄が前日比10%以上の暴落を見せるなど重い雰囲気が漂っている。米…

おすすめ記事

  1. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  2. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  3. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  4. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  5. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
ページ上部へ戻る