「2030年に世界の仮想通貨利用者は10億人」

■コインベースCEO、「世界の仮想通貨利用者は10年後に10億人」

コインベースのブライアン・アームストロングCEOが2020年の新年を迎え、仮想通貨市場への楽観的な見方を明らかにした。

アームストロングCEOは5日、自身のブログに「仮想通貨の開発が加速されるにつれ、拡張性、個人情報保護機能がさらに強化されるだろう」とし「10年後、仮想通貨利用者は10億人に増えるだろう」と予想した。また、仮想通貨の用途拡大、仮想通貨関連スタートアップの浮上、新興市場の開発、機関投資家の参入、CBDC発行などを取り上げながら、「仮想通貨が自由市場の決済システムの新たな基準になるだろう」と述べた。

■米国税庁、「仮想通貨での寄付」に申告促す

米国内国歳入庁(IRS)が仮想通貨での寄付に対する課税の立場を明らかにした。

内国歳入庁は3日、「NGOなどの慈善団体が仮想通貨で寄付を受ける場合は、その内訳に対する申告が必要だ」と述べた。特に5000ドル以上の仮想通貨寄付については、「関連規定に基づいて、必ず申告が必要だ」と伝えた。

一方、最近ユニセフなどの慈善団体で、仮想通貨での寄付が増えている。そのため、これらに対する課税基準定立を要求する声が高まっている。

■人民銀行「CBDC開発は今年も持続する」

中国の人民銀行が今年も中央銀行発行のデジタル通貨(CBDC)の研究を継続すると発表した。人民銀行は、2019年の年次総会で「CBDCの研究で進展した成果を得た」とし「2020年にもCBDCの研究を続ける」と明らかにした。

人民銀行は2014年からCBDCに関する研究を始めており、昨年フェイスブックが「リブラ」プロジェックトを発表した後、CBDC発行に対する具体的なプロジェクトを進めている。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国が香港の国家保安法を制定し、米国がこれに対する制裁の動きを見せている事で、世界経済にも「危険信号…
  2. 韓国政府が再び防疫措置を強化することを発表した。新型コロナウイリスの感染拡大をいち早く封じ防疫の手本…
  3. 韓国銀行は28日、金融通貨委員会で政策金利を引き下げた。これは韓国経済の成長鈍化に対する憂慮が高まっ…
  4. 10億ドル以上の仮想通貨を保有する、「クジラ」と呼ばれる大口投資家らが最近、ビットコインを買い集めて…
  5. 3月23日にトレーダー2人が新型コロナウイルスの陽性判定を受け、立会場を全面閉鎖したニューヨーク証券…

おすすめ記事

  1. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  2. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  3. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  4. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
  5. 韓国の産業通商資源部は12日、日本の対韓国輸出規制強化措置について「我々は日本が提起した事由を全て解…
ページ上部へ戻る
Translate »