「2030年に世界の仮想通貨利用者は10億人」

■コインベースCEO、「世界の仮想通貨利用者は10年後に10億人」

コインベースのブライアン・アームストロングCEOが2020年の新年を迎え、仮想通貨市場への楽観的な見方を明らかにした。

アームストロングCEOは5日、自身のブログに「仮想通貨の開発が加速されるにつれ、拡張性、個人情報保護機能がさらに強化されるだろう」とし「10年後、仮想通貨利用者は10億人に増えるだろう」と予想した。また、仮想通貨の用途拡大、仮想通貨関連スタートアップの浮上、新興市場の開発、機関投資家の参入、CBDC発行などを取り上げながら、「仮想通貨が自由市場の決済システムの新たな基準になるだろう」と述べた。

■米国税庁、「仮想通貨での寄付」に申告促す

米国内国歳入庁(IRS)が仮想通貨での寄付に対する課税の立場を明らかにした。

内国歳入庁は3日、「NGOなどの慈善団体が仮想通貨で寄付を受ける場合は、その内訳に対する申告が必要だ」と述べた。特に5000ドル以上の仮想通貨寄付については、「関連規定に基づいて、必ず申告が必要だ」と伝えた。

一方、最近ユニセフなどの慈善団体で、仮想通貨での寄付が増えている。そのため、これらに対する課税基準定立を要求する声が高まっている。

■人民銀行「CBDC開発は今年も持続する」

中国の人民銀行が今年も中央銀行発行のデジタル通貨(CBDC)の研究を継続すると発表した。人民銀行は、2019年の年次総会で「CBDCの研究で進展した成果を得た」とし「2020年にもCBDCの研究を続ける」と明らかにした。

人民銀行は2014年からCBDCに関する研究を始めており、昨年フェイスブックが「リブラ」プロジェックトを発表した後、CBDC発行に対する具体的なプロジェクトを進めている。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. アンニョンハセヨ。 去年から自粛生活が続くなかで家にいる間に韓国ドラマに、はまった方が多いそうです…
  2. −「アップルと自動運転車の開発協議を進めていない」−現代自動車・KIA・現代モービス、公式に発表−…
  3. 軍部に監禁されたアウンサンスーチー国家顧問 今月1日、クーデターでミャンマー政府を掌握した軍部指導…
  4. - inno.N胃食道逆流疾患新薬ケイキャップ錠、中国許可審査着手- 2015年に中国ロシン(Lu…
  5. イメージはゲームストップの公式Twitterより。 米株式市場で最近、機関投資家らに対抗してゲーム…

おすすめ記事

  1. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
  2. 養子となって僅か10ヶ月、養父母による虐待で死亡したジョンインちゃん(養子縁組後の名前:アン・ユル…
  3. 韓国で初めて猫の新型コロナウイルス感染事例が発生した。写真は本社DB −「人への感染事例は無い」 …
  4. ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。写真は徐敬德教授が提供。 韓国誠信女子大の徐敬德教…
  5. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
ページ上部へ戻る
Translate »