トランプ氏、「対イラン追加制裁」を承認

トランプ米大統領がイランに「殺人的な経済制裁」を警告してからわずか一日で、対イラン追加制裁を承認した。

トランプ大統領は9日(現地時間)、対イラン追加制裁について「すでに処理した。前も非常に厳しい制裁だったが、さらに(制裁レベルが)増大された」と「少し前に承認した」と述べた。ただし、追加制裁の内容については具体的に言及しなかった。

米国は2018年5月にイラン核合意を脱退した後、「最大圧迫」戦略の一環として金融などイラン経済の85%以上に高強度の制裁を加えてきた。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)はこれと関連し、「米国が既存の対イラン貿易・金融制裁を強化することができる」とし「イランの消費財企業はもちろん、核兵器の部品調達に関与していると推定される企業や個人もブラックリストに載せることができる」と分析した。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »