韓国でも新型肺炎患者確認…中国からの旅行客

中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスが急激に拡散している中、韓国で新型コロナウイルスによる新型肺炎患者が初めて確認された。

韓国の疾病管理本部によると、同患者は35才の中国女性で、武漢市に住んでいる。中国最大の休日となる春節を迎え、韓国を旅行するために19日に入国したという。

疾病管理本部は同患者の飛行機内での動線の把握に注力する一方、近接して座った乗客と、患者を担当した乗組員などを密接接触者に分類して追跡管理する予定だ。

同患者は新型肺炎の発祥地とされる武漢華南海産物市場を訪問したり、現地で確定患者や野生動物などと接触したことはなかったと明らかにしているため、疾病管理本部は「人から人への感染」の可能性を排除せず綿密に観察する方針だ。

一方、武漢市の衛生健康委員会によると19日22時現在、新型肺炎の感染者は2日間で136人増加し、198人となった。死亡例も1人追加されて3人となった。

この136人の内、男性が66人で、最高齢は89才、最年少は25才となっている。発症日は全て1月18日以前。主な症状としては発熱と咳、胸の苦しさや呼吸困難などが上げられている。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  3. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  4. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  5. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »