「リブラ、2020年の発行は難しいだろう」=金融業界

■金融業界、「Facebookのリブラ、2020年に発行するのは難しい」

世界的な金融・投資業界の関係者らは、フェイスブックのリブラ発売の可否について否定的な見解を持っていることが分かった。

仮想通貨メディアのザ・ブロックは19日(現地時間)、全世界のベンチャー投資・金融サービスの関係者106人を対象にアンケート調査を行った結果を発表。「2020年内にリブラ発行が可能と思うか」との質問に「いいえ」と答えた割合が68%に達したと報じた。

記事によると、回答者らは「各国政府と金融当局が提起するデジタル通貨の発行に伴う問題がリブラに集中しており、これを短時間で解決することは厳しい」との見方を持っている。

■OECD、ブロックチェーン政策諮問委員会発足

経済協力開発機構(OECD)がブロックチェーン政策諮問委員会(Blockchain Expert Policy Advisory Board)を発足した。ビットコインドットコムが20日(現地時間)に報じた。

各国の規制当局と企業、市民団体の関係者93人で構成されたブロックチェーン政策諮問委員会は、OECD加盟国を対象にブロックチェーン政策樹立の助言を提供する役割を担う。委員会には、リップルやブロックワンなどの主要なブロックチェーン企業と中央銀行関係者も含まれた。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  2. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  3. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…
  4. ‐2018年1月以来の1万5000ドル超え‐コロナ禍に米大統領選の不確実性加わり‐大統領選不服によ…
  5. 写真はトランプ氏のツイッタ 大統領選主要地域での勝利、不正開票などを主張したドナルド・トランプ米国…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »