アマゾン、次のターゲットはガソリンスタンドと旅行業

アマゾン、次のターゲットはガソリンスタンドと旅行業

アマゾンの次のターゲットは、ガソリンスタンドと旅行業である可能性が高いとの分析結果が出た。経済専門の米テレビ局CNBCが7日に報道した。

CNBCによると、金融サービス会社のD.A.デイビスンは電子商取引のアマゾンに対し”買い“の立場を改めて強調しながら、「アマゾンはガソリンスタンドと旅行事業に進出するのでは」という展望を伝えた。アマゾンが実際に同事業に進出すると、当該市場に混乱を招き従来の事業者らに大きな試練になる可能性がある。

D.A.デイビスンの分析家トム・フォルテ氏によると、アマゾンは現在、1兆ドル以上の規模となる10の産業市場のうち、8の市場に既に進出済み又はその機会を窺っている途中であるという。彼は「我々は、アマゾンが残る2つの市場であるガソリンスタンドと旅行業への進出を検討しているものと見ている」と明かし、「アマゾンは複雑だった物流の問題を解決した実績がある。財政の側面からも、アマゾンは大規模なフリーキャッシュフロー創出の機会を追求するだろう」と付け加えた。

D.A.デイビスンによると、アマゾンが既に進出済み又は進出予定の1兆ドル超規模の市場とは、衣類、B2B電子商取引、モノ消費、食料品、医薬品、専門サービス、商店、飲食店の8つだ。

フォルテ氏は、大型ディスカウントストアのコストコにおいて、ガソリンスタンドでの売上が10%以上を占めているという点に注目した。アマゾンがプライム会員向けにガソリンの割引特典を提供し、ガソリンスタンドをアマゾン製品の流通空間として活用するのではないかと予想している。

また彼は、アマゾンがコストコの例に沿ってクルーズ、レンタカー、休暇パッケージ割引などのサービスを開始する可能性もあるとした。

D.A.デイビスンは、アマゾンの株価が12ヵ月~18ヵ月後には一株当たり2200ドルまで上がるだろうとの見方を改めて示した。これは6日の終値と比較して19%増の価格となる。

翻訳者:M.I

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  2. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…
  3. 新型コロナウイルスの発生を最初に告発したものの、逆に中国政府の弾圧を受ける事になってしまった李文亮医…
  4. ビットコインは強力的な抵抗線である1万ドルを突破した。ビットコインが1万ドル台に進入したのは昨年11…
  5. 「ウクライナ・スキャンダル」から始まったドナルド・トランプ米国大統領に対する弾劾案が現地時間5日、米…

おすすめ記事

  1. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  2. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  3. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  4. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  5. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
ページ上部へ戻る
Translate »