アマゾン、次のターゲットはガソリンスタンドと旅行業

アマゾン、次のターゲットはガソリンスタンドと旅行業

アマゾンの次のターゲットは、ガソリンスタンドと旅行業である可能性が高いとの分析結果が出た。経済専門の米テレビ局CNBCが7日に報道した。

CNBCによると、金融サービス会社のD.A.デイビスンは電子商取引のアマゾンに対し”買い“の立場を改めて強調しながら、「アマゾンはガソリンスタンドと旅行事業に進出するのでは」という展望を伝えた。アマゾンが実際に同事業に進出すると、当該市場に混乱を招き従来の事業者らに大きな試練になる可能性がある。

D.A.デイビスンの分析家トム・フォルテ氏によると、アマゾンは現在、1兆ドル以上の規模となる10の産業市場のうち、8の市場に既に進出済み又はその機会を窺っている途中であるという。彼は「我々は、アマゾンが残る2つの市場であるガソリンスタンドと旅行業への進出を検討しているものと見ている」と明かし、「アマゾンは複雑だった物流の問題を解決した実績がある。財政の側面からも、アマゾンは大規模なフリーキャッシュフロー創出の機会を追求するだろう」と付け加えた。

D.A.デイビスンによると、アマゾンが既に進出済み又は進出予定の1兆ドル超規模の市場とは、衣類、B2B電子商取引、モノ消費、食料品、医薬品、専門サービス、商店、飲食店の8つだ。

フォルテ氏は、大型ディスカウントストアのコストコにおいて、ガソリンスタンドでの売上が10%以上を占めているという点に注目した。アマゾンがプライム会員向けにガソリンの割引特典を提供し、ガソリンスタンドをアマゾン製品の流通空間として活用するのではないかと予想している。

また彼は、アマゾンがコストコの例に沿ってクルーズ、レンタカー、休暇パッケージ割引などのサービスを開始する可能性もあるとした。

D.A.デイビスンは、アマゾンの株価が12ヵ月~18ヵ月後には一株当たり2200ドルまで上がるだろうとの見方を改めて示した。これは6日の終値と比較して19%増の価格となる。

翻訳者:M.I

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. アンニョンハセヨ。 去年から自粛生活が続くなかで家にいる間に韓国ドラマに、はまった方が多いそうです…
  2. −24時間で約100万円下落−ビットコインの変動性に対する憂慮発言相次ぐ ビットコイン(BTC)が…
  3. −「アップルと自動運転車の開発協議を進めていない」−現代自動車・KIA・現代モービス、公式に発表−…
  4. 軍部に監禁されたアウンサンスーチー国家顧問 今月1日、クーデターでミャンマー政府を掌握した軍部指導…
  5. - inno.N胃食道逆流疾患新薬ケイキャップ錠、中国許可審査着手- 2015年に中国ロシン(Lu…

おすすめ記事

  1. 私たち人類を苦しめた2020年が終わり、約1年経過した新型コロナウイルスが、未だに私たちを脅かして…
  2. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
  3. 養子となって僅か10ヶ月、養父母による虐待で死亡したジョンインちゃん(養子縁組後の名前:アン・ユル…
  4. 韓国で初めて猫の新型コロナウイルス感染事例が発生した。写真は本社DB −「人への感染事例は無い」 …
  5. ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。写真は徐敬德教授が提供。 韓国誠信女子大の徐敬德教…
ページ上部へ戻る
Translate »