サムスン電子 ‘グローバル革新ブランド’ 5位に選定

サムスン電子 ‘グローバル革新ブランド’ 5位に選定

米国の専門機関が選定した世界の革新企業ブランドで、サムスン電子が5年連続で5位圏内にランクインした。今回の調査で選ばれた企業のうち、サムスン電子は米国内に本社を置いていない唯一の企業だ。

9日海外メディアによると、米の情報技術(IT) 専門の市場調査会社であるブランド・キーズ(Brand Keys)が調査した「2018年の最も革新的な技術ブランド(2018 Most Innovative Tech Brands)」で、サムスン電子が5位に選ばれた。今回の調査は、米国内の消費者4628人を対象に”技術革新“に最も優れた企業を挙げてもらう形式で行われた。サムスン電子は昨年2位から3つ順位を落としたが、2014年以降5年連続でベスト5入りを達成した。

また今回サムスン電子は、米国に本社を置いていない企業としては唯一のランクインとなる。サムスン電子は2014年の2位に引き続き、2015年3位、2016年5位、2017年には2位を獲得している。今年の1位はアマゾンで、昨年に続き2年連続の首位となる。アップルは順位を2つ上げて2位、グーグルは2年連続の 3位、ネットフリックスは昨年から1ランクアップの4位という結果であった。

米の人気音楽ストリーミングサービス会社であるスポティファイは約10ランクアップし、サムスン電子の次点で6位に、ユーチューブも昨年11位から今年は7位へと跳ね上がった。

インスタグラムは8位で初の20位圏内、カーシェア会社のウーバーとリフトは共に9位と並んだ。一方で、個人情報流出で波紋を呼んだフェイスブックは20位圏外となった。

翻訳者:M.I

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が対北制裁の例外となる観光事業などを進めるとの考えを明らかにした事について、米ホワイトハウス…
  2. 米国と中国の「第1段階の貿易合意」にもかかわらず、貿易をめぐる両国の緊張はまだ終わっていないという意…
  3. イラン司法当局が14日(現地時間)、ウクライナ機の撃墜と関連し、多数の容疑者を逮捕したと発表した。…
  4. 仮想通貨情報サイトのコインマーケットキャップによると、15日午前11時基準でビットコインの価額は過去…
  5. 中国の湖北省武漢市で発生したウイルス性肺炎の感染事例が香港、台湾に続き、タイでも確認されるなど、徐々…

おすすめ記事

  1. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  2. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  3. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  4. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
  5. 中国政府が湖北省・武漢市で集団発生した原因不明の肺炎について重症急性呼吸器症候群(SARS)ではな…
ページ上部へ戻る