サムスン電子 ‘グローバル革新ブランド’ 5位に選定

サムスン電子 ‘グローバル革新ブランド’ 5位に選定

米国の専門機関が選定した世界の革新企業ブランドで、サムスン電子が5年連続で5位圏内にランクインした。今回の調査で選ばれた企業のうち、サムスン電子は米国内に本社を置いていない唯一の企業だ。

9日海外メディアによると、米の情報技術(IT) 専門の市場調査会社であるブランド・キーズ(Brand Keys)が調査した「2018年の最も革新的な技術ブランド(2018 Most Innovative Tech Brands)」で、サムスン電子が5位に選ばれた。今回の調査は、米国内の消費者4628人を対象に”技術革新“に最も優れた企業を挙げてもらう形式で行われた。サムスン電子は昨年2位から3つ順位を落としたが、2014年以降5年連続でベスト5入りを達成した。

また今回サムスン電子は、米国に本社を置いていない企業としては唯一のランクインとなる。サムスン電子は2014年の2位に引き続き、2015年3位、2016年5位、2017年には2位を獲得している。今年の1位はアマゾンで、昨年に続き2年連続の首位となる。アップルは順位を2つ上げて2位、グーグルは2年連続の 3位、ネットフリックスは昨年から1ランクアップの4位という結果であった。

米の人気音楽ストリーミングサービス会社であるスポティファイは約10ランクアップし、サムスン電子の次点で6位に、ユーチューブも昨年11位から今年は7位へと跳ね上がった。

インスタグラムは8位で初の20位圏内、カーシェア会社のウーバーとリフトは共に9位と並んだ。一方で、個人情報流出で波紋を呼んだフェイスブックは20位圏外となった。

翻訳者:M.I

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  2. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  3. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  4. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…
  5. 米国ホワイトハウスでの新型コロナウイルス感染拡大が止まらない。日々新たな感染者が発生し、現在までホ…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »