米テスラ、時価総額1000億ドル突破

米電気自動車メーカー「テスラ」が22日(現地時間)、時価総額1000億ドルを突破した。海外メディアによると、テスラの株価はこの日4.1%高の569.56ドルを記録した。終値基準で時価総額は1027億ドル。トヨタに次いで世界で2番目に高価な自動車メーカーとなった。

テスラにかける期待が大きくなったのが時価総額1000億ドル突破の原動力となっている。自動車販売台数が過去最高を更新したうえ、中国上海新工場の稼働で販売拡大への期待感が高くなり株価を引き上げている。また昨年以来、テスラが赤字を脱し黒字転換したのも投資心理を上向けた。

さらに株価上昇の隠れた主役として、テスラの株価暴落を期待して空売りに出た空売り投資家が挙げられる。現在取引可能なテスラ株のうち、約20%が空売りされた株式とされている。しかし、テスラ株が予想とは異なり、相次ぐ好材料で上昇し続けた。この影響で20%も空売りしていた投資家らが深刻な打撃を受けることになった。

株価が暴騰すると空売りのために借りた株式を返さなければなら時期も早くなり、テスラ空売り勢力のテスラ株買いが急増することになった。専門家らは「空売りトレーダーの苦痛はマスクCEOにとって楽しい走行となっている」と語る。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  2. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…
  3. 新型コロナウイルスの発生を最初に告発したものの、逆に中国政府の弾圧を受ける事になってしまった李文亮医…
  4. ビットコインは強力的な抵抗線である1万ドルを突破した。ビットコインが1万ドル台に進入したのは昨年11…
  5. 「ウクライナ・スキャンダル」から始まったドナルド・トランプ米国大統領に対する弾劾案が現地時間5日、米…

おすすめ記事

  1. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  2. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  3. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  4. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  5. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
ページ上部へ戻る
Translate »