日銀など6行、CBDC分野での連携を発表

国際通貨体制に一大変化が予告されている。欧州連合(EU)、英国、カナダ、スウェーデン、スイス、日本など6カ国の中央銀行と国際決済銀行(BIS)は、中央銀行デジタル通貨(Central Bank Digital Currency、CBDC)発行のための共同研究に着手した。

日銀など6行の中央銀行6行は去る21日、CBDCの活用の可能性を評価するための中央銀行間の共同研究グループを結成することにしたと一斉に発表した。

日銀は、共同研究グループ結成について「デジタル通貨の活用の可能性についての評価と知識を共有するためのもの」とし「中央銀行が発行するデジタル通貨の活用をはじめ、国家間の相互運用性を含む機能・技術面での設計案を評価し、先端技術の知識を共有することを目的にする」と述べた。

中央銀行6行は、同研究グループがどのような形で運営されるかは具体的に提示しなかったが、6行の幹部がメンバーとして参加すると明らかにした。デジタル貨幣に関する情報を共有するための国際会議のような機能を果たしていくとみられる。

6行がデジタル通貨の研究のためにチームを構成した背景には、中国のデジタル人民元発行がある。実際にこれまで欧州主要国や日本の中央銀行はデジタル通貨の発行に消極的な立場をとってきた。日銀の黒田東彦総裁は昨年12月に「中央銀行が発行するデジタル通貨に需要はない」と言い切ったほどだった。

しかし最近、人口12億人の中国がデジタル人民元発行に着手したうえ、20億人の会員を保有しているフェイスブックのリブラ発行が可視圏に入ったと判断されている。デジタル通貨と仮想通貨が本格化されると、ドル、ユーロ、円などの既存通貨体制が力を失って貨幣価値の下落、取引情報の流出など、様々な予期せぬ状況に直面することができるため、デジタル通貨にあなり関心を示していなかった中央銀行らが緊張し始めたとみられる。

一方、今回の6行の連帯にはデジタル通貨に否定的な米連邦準備制度(FRB)と、以前から同分野で積極的だった中国人民銀行は参加していない。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アンニョンハセヨ。 去年から自粛生活が続くなかで家にいる間に韓国ドラマに、はまった方が多いそうです…
  2. −「アップルと自動運転車の開発協議を進めていない」−現代自動車・KIA・現代モービス、公式に発表−…
  3. 軍部に監禁されたアウンサンスーチー国家顧問 今月1日、クーデターでミャンマー政府を掌握した軍部指導…
  4. - inno.N胃食道逆流疾患新薬ケイキャップ錠、中国許可審査着手- 2015年に中国ロシン(Lu…
  5. イメージはゲームストップの公式Twitterより。 米株式市場で最近、機関投資家らに対抗してゲーム…

おすすめ記事

  1. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
  2. 韓国で初めて猫の新型コロナウイルス感染事例が発生した。写真は本社DB −「人への感染事例は無い」 …
  3. ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。写真は徐敬德教授が提供。 韓国誠信女子大の徐敬德教…
  4. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
  5. 米国の新型コロナウイルス感染症による1日の死亡者数が過去最悪のテロ事件に上げられる911テロの犠牲…
ページ上部へ戻る
Translate »