玄海インベストメントアドバイザー、メガソーラー施設対象の新ファンド助成…ファンド規模は250億円

投資コンサルティング会社「玄海インベストメントアドバイザー」が大規模な太陽光発電施設向けの新ファンドを組成した。

玄海インベストメントアドバイザーは27日、「1月20日にメガソーラー施設を投資対象とした新ファンドを組成した」と発表した。同ファンドは、意思決定がすでに決まっているガイドラインに沿って素早く投資ができるようにするため、ブラインド方式を採用している。

同社は長期的な成長産業への投資に特化しており、特に再生エネルギー分野への関心が高く、関連ファンドを持続的に運営してきた。全国各地のメガソーラー施設案件に対する投資実行額はこれまで約630億円(約130MW)に上る。

玄海インベストメントアドバイザーは、「メガソーラー施設開発事業における資金需要や稼働済案件の売却ニーズなどを取り込み、新たな投資機会を獲得することが可能であると判断した」と今回のファンド助成について説明。また「本ファンド組成をきっかけにさらなる投資を行うとともに本分野においてより一層の専門性を高めていきたい」と伝えた。

今回のファンドの規模は250億円で、期待利回りはメザニン4.3%、エクイティIRR 5.5%となっている。投資対象は全国各地のメガソーラー案件(未稼働及び稼働物件)で、「未稼働の場合は許認可取得が間近な案件に限る」としている。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  2. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  3. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  4. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…
  5. ビットコイン(BTC)が1日で700ドルも急落した。特に今回の急落の背景として、韓国最大の仮想資産取…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »