新型肺炎の恐怖…原油価格と日経平均が急落

中国発の新型コロナウイルスの拡散による「新型肺炎の恐怖」がグローバル市場に悪影響を及ぼしている。原油市場では歴代最大の原油需要の減少を引き起こす事件として受け止めており、日本株は中国人観光客の海外旅行禁止という悪材料で日経平均が一時500円以上下落した。

ロンドンのブレント原油はは26日(現地時間)、3.3%(2.01ドル)安の1バレル=59.25ドルで取引された。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)も3.8%(2.04ドル)下落し、1バレル=52.15ドルを記録した。特にブレント原油は先週だけで6.4%安を記録し、昨年6月以来最大の下落幅となった。

プライス・フューチャーズ・グループのアナリスト、フィル・フリン氏は今回の新型コロナウイルスについて「史上最も大きく、原油の需要を減少させる事件の一つ」とし「拡散への恐怖は、石油需要を殺すことになる」と警告した。同氏が警戒していることは中国の原油需要の減少。昨年、中国の一日の原油輸入量は1012万バレルで、世界で最も多かった。

27日の東京株式市場で日経平均株価も急落し、前週末比2.03%(483円67銭)安の2万3343.51銭で取引を終えた。下げ幅としては今年最大。中国政府の海外団体観光の禁止決定が悪材料となり中国で事業を運営する企業を中心に売りが続いた。

その一方、安全資産とされる金の価額は上昇した。金価格は先週に続いて上昇し、27日午前、1トロイオンス=1578.75ドルを記録した。銀価格も0.7%上昇した。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  3. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  4. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  5. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »