テスラ非上場化にサウジ政府系ファンドが投資検討

テスラの最高経営者(CEO)イーロン・マスク氏/本人のTwitterより

テスラ非上場化にサウジ政府系ファンドが投資検討

サウジアラビアの政府系ファンド「パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)」が米国EV専用自動車メーカー「テスラ」の非上場化に資金を投じる事を検討していると、ブルームバーグが12日に報じた。

ブルームバーグは消息筋の話として、「PIFが“潜在的な取引”にどの様に参入出来るか模索中だ」とし、「テスラの最高経営者(CEO)イーロン・マスク氏が、7日にツイッターで非公開会社への転換を検討していると明らかにする以前から、協議は始まっていた」と伝えた。

マスク氏はこの時ツイッターで「テスラを1株あたり420ドル(約46500円)で非公開会社にする事を検討している。資金は確保出来た」という爆弾発言をし、市場を揺れ動かした。マスク氏が提示した価格は市場価格より20%高い金額だった。

PIFはテスラ非公開化の協議に先立ち、5%弱のテスラ株を取得したと伝えられている。ただし「PIFが所有株を増やすのか、また増やすならばどの程度増やすのか、明確な決定は下されていない」としながらも、「交渉は進行中だ」とブルームバーグは伝えている。

しかしPIFが資金を出すにしても、テスラは依然としてかなりの額の現金を調達しなければならないとみられる。

国際金融グループのバークレイズによると、テスラの非公開化には約700億ドル(7兆7000億円)が必要になると予想される。テスラが保有している約20%の株式以外の株式買い付けに600億ドル、更に債務整理に100億ドルが掛かるとみられる。

専門家らは、これは上場廃止の事例としては史上最大の規模で、マスク氏がこれ程の金額を集めるのは難しいとみている。

テスラの理事会は今週、投資顧問会社と面会し、上場廃止案について公式に論議する事を明らかにしている。
理事会は少数の独立した理事らによる特別委員会を構成して、上場廃止計画を検討するとみられる。またマスク氏に対しては今回の上場廃止論議に参加しない事を要求する可能性が高いと、米国経済チャンネルのCNBCは報じている。

翻訳︰水野卓

info@fnnews.jp 

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »