「ビットコイン“買い”のシグナル発生」

■中国中央銀行「CBDC開発は最優先課題」

中国の中央銀行である人民銀行が先週の3日、「中国貨幣システムの安全性確保」の会議で、「法定貨幣のデジタル化研究を継続的に進め、当局レベルの政策設計を通じて体系的に貨幣システムを改善していかなければならない」とし「中央銀行発行デジタルマネー(CBDC)の開発は、人民銀行の最優先課題」と強調した。コインテレグラフが5日、報じた。人民銀行はすでに「デジタル元」のための基本的な機能の開発を完了したと伝えられている。

■ブルームバーグ「ビットコイン“買い”のシグナル発生」

ブルームバーグは3日(現地時間)、ビットコインが最近重要な技術的抵抗価格を突破しており、2つの主要な指標で買収のシグナルが発生したと報じた。これはブルームバーグの独自の指標である「Bloomberg Galaxy Crypto Index」によるもので、ビットコインが買収シグナルを示したのはここ3ヶ月で初めてだ。同指標で買収シグナルが現れたのは昨年12月中旬。それ以降ビットコインをはじめ、ほとんどの仮想通貨が今年2月まで50%以上上昇した。

■BIS、「新型コロナ以降、CBDC議論加速するだろう」

国際決済銀行(BIS)の研究チームが報告書を通じて、「新型コロナ事態を契機に、デジタル決済導入が加速するだろう」とし「同時に各国の中央銀行の中央銀行発行のデジタルマネー(CBDC)についての議論が活発になる見込み」と予想した。

5日(現地時間)コインデスクによると、BISは報告書を通じて、「新型コロナ以降の主要国がデジタル決済を加速することが予想されるが、これはデジタル格差に起因する深刻な影響を与える可能性がある」とし「このため、CBDCの要求が高まるだろう」と強調した。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. -日本最大500以上の企業が出展- (社)済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔滄勳)は、日本…
  2. 北朝鮮の金正恩国務委員長の妹であり北朝鮮のナンバー2としても知られる金与正氏が朝鮮労働党中央委員会…
  3. 韓国の生活水準を表す昨年の1人あたりの国民総所得(GNI)がG7(主要先進国)構成国家のイタリアを…
  4. 米テスラのCEO(最高経営者)イーロン·マスク氏が世界最高の富豪となった。世界最高の富豪順位が変わ…
  5. −英国、1日で約6万人の感染者−ジョンソン首相「絶望的…怖い」−ワクチンが無用の長物となる危機−ド…

おすすめ記事

  1. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
  2. 米国の新型コロナウイルス感染症による1日の死亡者数が過去最悪のテロ事件に上げられる911テロの犠牲…
  3. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  4. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  5. 韓国の中古品売買サイト「ニンジンマーケット」で問題となった出品のキャプチャ ‐該当出品は現在削除、…
ページ上部へ戻る
Translate »