「ビットコイン“買い”のシグナル発生」

■中国中央銀行「CBDC開発は最優先課題」

中国の中央銀行である人民銀行が先週の3日、「中国貨幣システムの安全性確保」の会議で、「法定貨幣のデジタル化研究を継続的に進め、当局レベルの政策設計を通じて体系的に貨幣システムを改善していかなければならない」とし「中央銀行発行デジタルマネー(CBDC)の開発は、人民銀行の最優先課題」と強調した。コインテレグラフが5日、報じた。人民銀行はすでに「デジタル元」のための基本的な機能の開発を完了したと伝えられている。

■ブルームバーグ「ビットコイン“買い”のシグナル発生」

ブルームバーグは3日(現地時間)、ビットコインが最近重要な技術的抵抗価格を突破しており、2つの主要な指標で買収のシグナルが発生したと報じた。これはブルームバーグの独自の指標である「Bloomberg Galaxy Crypto Index」によるもので、ビットコインが買収シグナルを示したのはここ3ヶ月で初めてだ。同指標で買収シグナルが現れたのは昨年12月中旬。それ以降ビットコインをはじめ、ほとんどの仮想通貨が今年2月まで50%以上上昇した。

■BIS、「新型コロナ以降、CBDC議論加速するだろう」

国際決済銀行(BIS)の研究チームが報告書を通じて、「新型コロナ事態を契機に、デジタル決済導入が加速するだろう」とし「同時に各国の中央銀行の中央銀行発行のデジタルマネー(CBDC)についての議論が活発になる見込み」と予想した。

5日(現地時間)コインデスクによると、BISは報告書を通じて、「新型コロナ以降の主要国がデジタル決済を加速することが予想されるが、これはデジタル格差に起因する深刻な影響を与える可能性がある」とし「このため、CBDCの要求が高まるだろう」と強調した。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が日本の輸出規制強化措置について、世界貿易機関(WTO)に提訴する手続きを再開すると発表した…
  2. 新型コロナウイリスの影響でしばらくドアを閉めて最近営業を再開したばかりの米アップルストア。しかし米全…
  3. 新型コロナウイリスの世界的大流行(ファンデミク)が5ヶ月以上続いているなか、全世界の感染者数が600…
  4. 民間宇宙旅行時代の幕が上がった。米国の宇宙企業スペースXが現地時間5月30日に初の有人宇宙船発射に成…
  5. 米国電気自動車メーカー「テスラ」の最高経営責任者(CEO)イーロン・マスク氏が800億円を超える成果…

おすすめ記事

  1. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  2. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  3. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  4. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
  5. 韓国の産業通商資源部は12日、日本の対韓国輸出規制強化措置について「我々は日本が提起した事由を全て解…
ページ上部へ戻る
Translate »