トランプ氏、金正恩氏の重体説に「知らない…元気でいる事を願う」

-金正恩氏重体説をCNNが報じるも「信用しない」
-トランプ氏「金正恩氏とは親しい。元気でいる事を願う」
-再選に向けては北朝鮮の安定がトランプ氏には好都合

米国のドナルド・トランプ大統領は現地時間21日、突如浮上した北朝鮮の金正恩国務委員長の重体説について「知らない」と、「彼が元気でいる事を願う」と話した。

トランプ大統領はこの日、新型コロナウイルス感染症対策チームの記者会見に同席し、金委員長の重体説については信用していないとして、この様に答えた。

今回、金委員長の健康状態に大きな問題が起こったという報道は、トランプ大統領と関係が良くないメディアとされる米CNNが報じた。トランプ大統領はCNNの報道を度々「フェイクニュース」だと非難している。

トランプ大統領は「米国の国内メディアが金委員長が重体だとのニュースを続々と報じているが、自分と金委員長は非常に良い関係だ。彼が元気でいる事を願うのみだ」と話した。

また米国は北朝鮮の友好関係を強調しつつ、「私は金委員長に対し、幸運を祈っているとしか言えない」とも話している。

トランプ大統領の今回の発言により、金委員長の健康問題への謎は更に深まった。結局は騒動の中心にいる金委員長が公式に復帰した姿を見せなければ、混乱や推測も収まらないとみられる。

今年11月の再選を目指すトランプ大統領としては、新型コロナウイルスへの対応も困難を極めており、北朝鮮リスクは最大限減らしたい立場だとみられる。北朝鮮問題は核問題などが絡んでおり、早期の解決自体が見込めないため、状況管理がより必要とされる。

記者:金世珍(キム・セジン)
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  4. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  5. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »