20日振りに姿を現した金正恩氏…翌日韓国軍監視所に銃撃

-韓国軍「弾痕など証拠確保…挑発意図を確認中」
-この間「金正恩健康異常説」否定して来た韓国大統領府
-「手術は受けていないと判断」

「植物人間説」、「死亡説」など様々な憶測が飛び交っていた北朝鮮の金正恩国務委員長が20日振りに姿を現した。しっかりと歩き、タバコを吸うなど健在である様子を見せた事で、自身を取り巻く健康異常説をあっさりと一蹴した。

「金正恩健康異常説」がハプニングとして終わった事で、この間、間接的に金委員長について「特異な動向は無い」との立場を堅持して来た韓国大統領府の自信は更に強まると予想される。文在寅大統領が進める南北協力にも弾みがつくとみられる。

しかし金委員長が再登場した直後の今月3日、韓国軍の監視所(GP)に北朝鮮軍の実弾が撃ち込まれた事で、水を差したのでないかとの見方も出ている。

■金正恩氏、20日振りに「健在」確認

朝鮮中央通信は今月2日、金委員長が5.1労働節(メーデー)に、平安南道順天にあるリン酸肥料工場の竣工式に参席したと報じた。金委員長が妹の金与正朝鮮労働党第一副部長と共に工場のある現地に参席し、竣工式のテープを切り、行事の演壇に座る姿などが公開された。

朝鮮中央テレビも同日、金委員長が竣工式で違和感を見せずに歩き、タバコを吸い、周囲の人々と談笑する姿を映像で公開した。

金委員長の状態について明言を避けていた米国のドナルド・トランプ大統領も現地時間2日、ツイッターを通じ「私としては、彼が戻って来た事、そして健在でいる事を見られて嬉しい」と歓迎するメッセージを伝えた。トランプ大統領は金委員長活動再開のニュースが北朝鮮メディアを通じて報道された前日午後まで「私はまだ金正恩氏について言及しない方が良い」と明言を避けていた。

金委員長について「特異な動向は無い」との立場を維持していた韓国大統領府も同様に、様々な憶測については否定した。

韓国大統領府の高位級関係者は3日、韓国大統領府のプレスセンターで記者らに対し「一部報道を見ると、歩き方が違っていたとか、手術をしたとみられるとの報道が続いている」と、「(金正恩委員長が)手術を受けていないと判断している。前回特異な動向は無いとしたのと同一だ」と改めて確認した。

この関係者は「手術を受けたのか、受けていないのかを判断する根拠はある」としながらも、「しかしその部分は明らかにするのが難しい部分」だと話した。

■文大統領の「南北協力構想」弾みがついた

金委員長が健在である事が確認され、韓国政府の南北協力政策に弾みがつく土台が出来たとの見方も出ている。最高指導者の意思が無ければ南北間の各種事業を進める事は難しいという観点から「不確実性」が解消されたとの見方だ。

すぐさま「独自の」南北協力の意思を表明した文大統領の構想も更に勢いが増すとみられる。

文大統領は先月27日、「4.27板門店宣言2周年」を迎え「最も現実的で実践的な南北協力の道を探る」と、新型コロナウイルスへの共同対応をはじめとする、△家畜伝染病 △南北境界線地域の災害・災難 △気候環境変化 △東海線と京義線の連結 △非武装地帯の国際平和地帯化 △南北共同遺骨発掘事業 △離散家族の面会と元住民の相互訪問推進などを希望として上げた。

文大統領は今月10日に就任3周年を迎える中、改めて「対北メッセージ」を発信するとみられている。

韓国大統領府の高位級関係者は「北朝鮮から特に連絡は来ていないが、良い返事を待つという立場に変化は無い」と韓国政府側の空気を伝えた。

しかしこの日、北朝鮮が「9.19南北軍事合意」違反に該当する韓国軍の監視所に銃撃を加えた事で、その背景に関心が集まっている。金委員長の再登場直後だという点からも様々な憶測を呼んでいる。

韓国軍は「意図的な挑発の可能性は低い」としながらも、「監視所の弾痕を含む証拠は確保している。行為自体の意図性は今後確認しなければならない」との立場だ。

記者:金世珍(キム・セジン)
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  2. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  3. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  4. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…
  5. ビットコイン(BTC)が1日で700ドルも急落した。特に今回の急落の背景として、韓国最大の仮想資産取…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »