Airbnb、企業価値が「半減」…職員25%削減

世界的な宿泊共有プラットフォーム、Airbnbの企業価値が新型コロナウイルス感染拡大の影響で急落している。世界的な新型コロナウイルス感染拡大により世界中の旅行業者が打撃を受けている事で、所属職員の25%に当たる1900人を削減する。最近、同社の企業価値が4年前の半分まで下がった中、新型コロナウイルス感染拡大の影響も重なり、更なる売上高減少が憂慮される。新規上場(IPO)にも赤信号が点灯した。

米経済専門チャンネルCNBCなどによると現地時間5日、Airbnbのブライアン・チェスキーCEOは全世界の職員7500人の内、1900人を早ければ来週にも整理解雇する事を明らかにした。

Airbnbは今回解雇される職員らに少なくとも14週間の基本給に該当する金額を支払う。米国内の職員は退職後も1年間は健康保険金の支給を受ける事が可能で、米国以外の国の職員は今年の年末まで保険の効力が続く。

AP通信などの米国メディアは、これは同社の12年の歴史上、最悪の状況だと報じている。

Airbnbは先月、20億ドルのファンディングを受けた事で、企業価値180億ドルとの評価を受けた。この企業価値は2017年のファンディング当時の評価、310億ドルの半分程度に過ぎない。企業価値は減ったものの、依然として代表的なシェア経済企業だとの評価もあり、新規上場への期待感も高かった。しかし新型コロナウイルス感染拡大が世界中の旅行業者に対し影響を与えた事で、Airbnbも同様に内部構造調整と事業再編が避けられなくなっている。

問題は今後の道筋も順風満帆ではないという事だ。

ブライアン・チェスキーCEOはこの日、職員らに宛てて送った書簡で大量解雇計画を知らせ、今年の売上が昨年の半分にも及ばない事が予想されると伝えた。Airbnbは今年3月、予算節減のため、今年予定されていた全てのマーケティングを中止し、役員報酬を6ヵ月の間、50%減らすとしていた。また新規採用も中断している状態だ。

実際、新型コロナウイルス感染拡大の影響で旅行スタイルが変わる事が予想され、事業の修正が避けられなくなっている。現在、Airbnbがウェブサイトで公開している全世界の宿泊地リストは700万ヵ所に達する。同CEOは「人々が家からより近く、安全で適当な価格の宿泊先を求めるだろう」と、豪華な宿泊施設に対する投資を大規模に削減した。

翻訳:水野卓
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 韓国の中古品売買サイト「ニンジンマーケット」で問題となった出品のキャプチャ ‐該当出品は現在削除、…
  4. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  5. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
ページ上部へ戻る
Translate »