済州経済通商振興院東京通商代表部 、Instagram活用マーケティング事業が話題

コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト

済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、コロナ19による韓国⇔日本間の円滑な人的・物的交流が制限される中、済州企業日本市場進出拡大のためInstagramを活用したオンラインマーケティング事業を積極的に展開し注目を集めている。

東京通商代表部はコロナ19流行以前、イオンモールで済州販売館」、ドンキホーテで「済州商品展」、新宿では「済州常設店の運営」などオフラインで活発なマーケティングを展開してきたが、コロナ19流行以降その領域をオンラインに変え広げている。

今回のInstagramを活用したマーケティング事業は、1016日から1022日まで済州特別自治道で生産された612品目の化粧品をInstagram利用者からモニターとして78名募集し、フォローやレビューを通しマーケティングを広げる事業。選ばれたインフルエンサーは東京通商代表部のInstagramをフォローした上で該当製品のレビューワーや使用した感想を写真やハッシュタグを付けて投稿し広報することになる。このように投稿されたレビューやフォロワーの反応は、該当する済州企業の日本市場進出の重要なマーケティング資料として活用されることになる。

最終的に済州特別自治道で生産された優れた商品1030品目160個を対象に行われ、大型インフルエンサー160人が東京通商代表部公式Instagramのフォローワーとして登録し、今後も活躍する予定。

済州経済通商振興院東京通商代表部は済州企業日本市場進出拡大のためInstagramを活用したオンラインマーケティング事業を積極的に展開している。

今回の事業で済州企業が現在輸出している製品と今後輸出を計画している製品に関する日本の消費者の品定めや、オンライン上のプロモーションが同時に行われる契機になる見通しだ。

一方、毎年開かれる済州特別自治道の輸出商談会がリモートオンライン商談会となり1013日に盛況のうちに終わった。済州通商代表部はこれに併せ、これまでに蓄積されたデータを活用してホームページのリニューアル、SNSInstagramFacebookTwitter)とインフルエンサーを活用したオンラインマーケティングを積極的に行い、チェジュ製品の新規輸出と再輸入に貢献する計画だ。

東京通商代表部は今後もコロナ19によるオフラインマーケティングの限界をローカルオンラインモール入店、ホームページのオンライン展示場化、現地SNSとインフルエンサーを活用したマーケティングなど、オンライン輸出マーケティング方式で乗り越えていきたいと語った。 

Instagramモニター企画開催中

https://www.instagram.com/p/CGZnf7kD1Xb/

問合せ先 : ()済州経済通商振興院東京通商代表部

    HPhttp://www.jeju.or.jp/ 

 

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »