「済州商品クリスマスイベント」開催中…新宿大久保通りで新年まで続く

済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、1116日から日本最大の韓流通りである東京新宿の大久保通りに位置するチョンガーネ(ショッピングモール)で「済州商品クリスマスイベント」を開催している。

同イベントは済州企業の日本市場進出拡大のため、済州経済通商振興院東京通商代表部が企画したもので、様々な済州商品のプロモーションと販売を同時に進行している。

これまで済州経済通商振興院東京通商代表部はコロナ19の影響でオンライン中心のマーケティング活動を行ってきたが、済州常設展示販売場を活用してクリスマス期間や2021年新年までオフラインを中心にしたイベントを続ける計画だ。

同イベントではチェジュ島で製造された417品目の飲食が販売され、クリスマスの雰囲気に合った様々なデコレーションをして消費者に見る楽しさも提供している。

済州経済通商振興院東京通商代表部側は「第4次韓流ブームにより済州常設展示販売場を訪れる人が増え、現在進められているオンラインバイラルマーケティングに加えオフラインによるマーケティングを広げ済州島の製品が日本の消費者に、より身近に感じられる機会を用意する計画だ。特に、各製品に関する詳細情報とインスタグラムのQRコードを設置するなどオンライン上で済州製品の魅力を伝え、SNSを通じたオンライン広報にも活用していく考えだ」と語った。

イベント後も済州製品をいつでも購入できる済州常設展示販売場を引き続き運営し(営:済州経済通商振興院東京通商代表部)、より多くの済州島の製品を日本市場に紹介できるよう様々な活動をしていく予定。

一方、済州経済通商振興院東京通商代表部は日本現地で済州島商品の輸出拡大と観光活性化のため、広報と日本現地バイヤー発掘などに力を入れている。

お問い合わせ:(社)済州経済通商振興院東京通商代表部
HPhttp://www.jeju.or.jp/

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 今月1日から韓国商品専門店イエスマート(Yesmart)の福岡店で韓国地域の特産品を紹介する「韓国…
  2. 韓流の新ホットスポットとして浮上している韓国商品専門店イエスマート(Yesmart)で「韓国ご当地グ…
  3. K-FASHION セレクトショップ 【DressCellar】が新宿マルイアネックスにて期間限定…
  4. 4年前の2017年、出生プレゼントとしてビットコイン(BTC)1個をプレゼントとしてもらったブラジ…
  5. ‐アマゾン創業者も「早く見たい」 世界的なブームを引き起こしている韓国産ネットフリックス・ドラマの…
ページ上部へ戻る
Translate »