ビットコイン、史上最高値なるか…1万9000ドル突破

価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、19000ドルを突破した。コインデスクによるとビットコインはこの日の午前、前日比4.25%上昇し、19207ドルを記録した。

このままの流れで行けば、201712月に記録した史上最高値19783ドル更新も時間の問題だとみられる。

CNBCによると、ビットコインは今年になって150%以上急騰し、2万ドルラインを目前にしている。

新型コロナウイルス感染症のパンデミックによる衝撃を緩和するため行なった、各国中央銀行と政府による大規模な通貨・財政政策がインフレを招くとの憂慮から、ビットコインの需要に繋がったとみられる。

インフレ下では通貨の価値は下落するものの、全体の発行限度が構造的に定められているビットコインは景気変動に関係無く、一定の価値を保つ事が出来るとの期待感が働いた結果だ。

更に有名投資家のポール・チューダー・ジョーンズ氏やスタンレー・ドラッケンミラー氏などがビットコインに関心を示した事で、ビットコインが注目を集めている。

ビットコインの価格は今月になって急騰し、2017年に記録した史上最高値19783ドルが目前となり、バブルへの警戒心も高まっている。

ビットコインは201712月に史上最高値を記録した後、直ぐに下落に転じ、翌年には3122ドルまで急落している。

しかし当時とはビットコインの状況が違うため、バブルへの警戒は無用だとの主張もみられる。

楽観論者らは、ビットコインは派生商品市場を通じ底辺が広まっている上、フィデリティ・インベストメンツの様な機関投資家らも投資しており、以前の様なバブルの水準にはないとの主張。

国を除けば世界最大のオンライン決済プラットホームとなるペイパルがビットコインを決済手段として採用すると発表した点も、楽観論を後押しする背景になっている。

ペイパルは最近、自社の決済プラットホーム加入者らに対し仮想通貨の購入・保有・売却サービスを提供すると発表し、来年初めからはビットコインなどの仮想通貨による商品代金の決済も可能にする予定。

ビットコインは今月に入り急激な上昇を見せている。

5日に15000ドルを超えた後、19日には18000ドルを突破した。

コインデスクによると、ビットコインの時価総額は既に史上最大水準を超えた。

現在の時価総額は3559億ドルで、201712月にビットコインの価格が史上最高値を記録した当時の時価総額3318億ドルを突破している。

ビットコイン全体の総発行量は2100万枚に固定されている。マイニング業者らが公式を解いてビットコインを得る、いわゆる「マイニング」による報酬が半分になる「半減期」などを節目に、価格が一定周期で急変する事も多い。

翻訳:水野卓
Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. ハロウィンの梨泰院圧死事故では、緊急災害メッセージの発信が遅かったとの批判も見られる中、韓国政府も緊…
  2. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  3. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  4. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  5. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
ページ上部へ戻る
Translate »