ビットコイン急騰の立役者はテスラ…次はアップル?

証券会社RBCがレポート発行
「アップルが仮想通貨に進出すれば年間400億ドル以上の収益」

ビットコイン(BTC)に15億ドル(約1600億円)を投じたテスラの次はアップルになるとの観測が浮上した。

コインテレグラフは現地時間8日、カナダ・ロイヤル・ドミニオン証券のアナリスト、ポール・スティーブス氏のレポートを引用し、アップルが仮想通貨を導入すれば年間400億ドル(約42000億円)以上の収益を創出し、業界全般に波紋を引き起こす可能性があると報じた。

スティーブス氏はアップルの目標株価を154ドル(約16000円)から171ドル(約18000円)に引き上げ、アップルがウォレットサービスで成長する機会をうかがっていると予測した。アップルはここ数年、ウォレットサービスであるアップル・ウォレットサービスを拡大しており、2019年にはアップルカードで金融業にも進出している。

同氏は「アップル・ウォレットが既に多様なサービスに寄与しているものの、仮想通貨分野にまで拡大した場合、より大きな収益を創出出来るだろう」と、「アップル・ウォレットで仮想通貨を取引出来る様になれば、業界のトップランナーの地位を強固に出来るだろう」との見方。

同氏はビットコインを通じて四半期あたり16億ドル以上の収益を上げた事を発表した決済企業スクウェアの報告書に基づき、アップルの予測を打ち出した。スクウェアはMAU(マンスリー・アクティブ・ユーザー)3000万人を有するが、アップルの場合は20211月基準で165000万人の利用者を有する。

アップルの時価総額は22000億ドル(約2312700億円)以上。現在約2000億ドル(約21兆円)の現金を保有している。この現金をビットコインに投じると、市場流通量の25%を買い入れる事が出来る。

一方、EV車メーカーのテスラは現地時間8日、SEC(米国証券取引委員会)に対し、15億ドル(約1576億円)規模のビットコインを買い入れたと申告した。テスラは「今後、資産の一部をデジタル資産に投資する可能性もある」と発表している。また、今後は自社のEV車をビットコインでも決済可能にするとみられている。

翻訳:水野卓
Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. アンニョンハセヨ。 去年から自粛生活が続くなかで家にいる間に韓国ドラマに、はまった方が多いそうです…
  2. −「アップルと自動運転車の開発協議を進めていない」−現代自動車・KIA・現代モービス、公式に発表−…
  3. 軍部に監禁されたアウンサンスーチー国家顧問 今月1日、クーデターでミャンマー政府を掌握した軍部指導…
  4. - inno.N胃食道逆流疾患新薬ケイキャップ錠、中国許可審査着手- 2015年に中国ロシン(Lu…
  5. イメージはゲームストップの公式Twitterより。 米株式市場で最近、機関投資家らに対抗してゲーム…

おすすめ記事

  1. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
  2. 養子となって僅か10ヶ月、養父母による虐待で死亡したジョンインちゃん(養子縁組後の名前:アン・ユル…
  3. 韓国で初めて猫の新型コロナウイルス感染事例が発生した。写真は本社DB −「人への感染事例は無い」 …
  4. ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。写真は徐敬德教授が提供。 韓国誠信女子大の徐敬德教…
  5. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
ページ上部へ戻る
Translate »