ペイパルCEO「仮想通貨需要、予想以上に多い」

ダン・シュルマンCEO「新型コロナがデジタル決済を劇的に加速」
「デジタル販売・発送の最適化など小売業の根本変化」
「今後10年、紙幣は没落金融システムに変化も」

昨年末、米国で仮想通貨決済を始めたペイパルのダン・シュルマンCEOが現地時間25日、「仮想通貨に対する需要は、我々が当初期待していたものより数倍以上急増した」と、仮想通貨決済の成果を明らかにした。

シュルマンCEOTIMEとのインタビューで「新型コロナウイルス感染症の大流行により、人々は感染を避けるためオンラインで品物を購入し、結果的にその便利さに気付かされた」と、「今後10年の間に現金使用の劇的な没落を目にするだろう」と話した。新型コロナと小売取引形態の変化が現金の没落と金融システムの変化をもたらすというのがシュルマンCEOの主張だ。

また同CEOは「この様なことが起き始めれば、通貨政策について改めて考えなければならなくなる」と、「紙の貨幣を更に発行したとしても、人々はこれ以上それを使用しないから」と話している。

更に「これが仮想通貨貨幣の出現になるだろう」と話した。

シュルマンCEOは「人々がオンラインで購入する場合は会計待ちをする必要も無く、望む時刻にいつでも品物を受け取ることが出来ると気付かされた」と話し、今後10年の間に小売業にも根本的な変化が起こるとみている。小売業の戦略がオフライン(実店舗)の売場に人を集めることではなく、オン・オフラインの売場をデジタルに最適化し、発送を最適化することになるとの見方だ。

翻訳︰水野卓
Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 韓国政府は31日、9月3日0時から海外入国者に義務付けられていた入国前のコロナ検査と陰性証明書の提出…
  2. 米国内でマリファナ(大麻)を吸う人がタバコ喫煙者より多くなったという結果が発表された。 米国の放送C…
  3. F.ableが特別なライブ公演を企画した。 F.ableの所属事務所は最近「F.able3rdSin…
  4. 駐神戸大韓民国総領事館は、「2022神戸K-POPソング&ダンスコンテスト」を開催します。 K-Po…
  5. 製紙や化粧品などを流通する「SUNOCS(サンオクス、代表:太川玉緒)」は、6月9日〜10日にインテ…
ページ上部へ戻る
Translate »