歴代最大の「ソウル安保対話」に北朝鮮は不参加へ

【写真】「2018年ソウル安保対話」のポスター。同会議のテーマは「持続可能な平和:葛藤から協力に」だ。

歴代最大の「ソウル安保対話」に北朝鮮は不参加へ

全世界52カ国が参加する多国間の国際会議「2018年ソウル安保対話」に北朝鮮が不参加する。

韓国国防省は4日、「先月25日、北朝鮮が不参加する旨を伝えてきた」と述べた。国防省によると、北朝鮮は「北と南は(板門店宣言の履行に)それぞれの役目を果たさなければならない」という内容で不参加の意を伝えたという。韓国政府は7月31日に板門店で開かれた南北将官級軍事会談で、北朝鮮に同会議への代表団派遣を正式に要請していた。

国防省は「‟参加しない”、‟参加する必要がない”という直接的な表現をしたわけではなく、和らげる表現で意思を伝えた」と付け加えた。

「2018ソウル安保対話」は12日から14日までの3日間にソウルで開かれる、世界52カ国が参加する多国間の安全保障協議。安保協力と信頼を構築するために2012年に発足し、年を重ねるごとに量的・質的に成長している。

今年の会議は歴代最大規模で、英国、アラブ首長国連邦、ウズベキスタンなどで次官級の防衛官僚が初めて参加する。特に中国からは軍事医学研究院のリュ・マオジェ政治委員が参加する。リュ氏は中国人民軍の現役少将で、各軍機関で軍事委員を務めた軍事専門家として知られている。

国防部の関係者は、「昨年の会議で中国は参加しなかった。今年はリュ委員をはじめ、9人が参加する」とし「韓中首脳会談後、両国の関係が回復中であることを意味する」と強調した。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…
  2. 株式会社「帝美」は12月10日、東京・目黒に位置する雅叙園で開催された、会員数1000人を超える年商…
  3. ナイキが「ブロックチェーン・スニーカー」の特許を出願した。 10日(現地時間)、ザ・ブロック…
  4. インドネシアのスマトラ島のアチェ特別自治州で、不倫などの疑いで公開むち打ち刑を受けた男性と女性が刑…
  5. 2019年に最も大幅の上昇を見せた仮想通貨はバイナンスコイン(BNB)であることが分かった。8日(現…

おすすめ記事

  1. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  2. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  3. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  4. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  5. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
ページ上部へ戻る