韓免税店業界、中国発薫風に高まる期待感

韓免税店業界、中国発薫風に高まる期待感

「中東呼吸器症候群(MERS)」の曇りが取れた韓国免税店業界が中国発の薫風に胸を膨らませている。

免税店業界を緊張させていたMERSは恐れていたこととは裏腹に拡散せず、早期に事実上の終結段階に入っている。3年前の悪夢の再現を恐れていた免税店業界もMERSへの懸念より、中国の中秋節と国慶節で受ける恩恵を期待する様子だ。

免税店業界によると9月末から10月までは免税店最大の「好況の時期」。中国最大の連休が始まり、韓国を訪れる中国人の客が大きく増加するためだ。

免税店業界の関係者は「過去の実績によると中国の大型連休シーズンには、売上が20〜30%ほど増加している」と述べた。

特にMERSの不拡散が確認され、万が一の場合を心配していた業界の悩みも解消された模様だ。韓国保健福祉部と疾病管理本部によると、韓国で3年ぶりに発生したMERS感染者は18日に「完治」判定を受けている。現在、隔離されている密接接触者らも最終的に陰性判定を受け、22日午前0時に隔離措置が解除される。事実上MERS事態の終結となる。

最大の変化要因が排除されたことで免税店業界の期待感は大きく高まっている。業界関係者は「下半期の免税店業界の全体売上高増加率は30%になると期待しているが、中秋節と国慶節の恩恵が大きな役割を果たすと予想している」と伝えた。

しかし、慎重論もある。まだ有意味な数の団体観光客の流入が目立たないため、予断は難しいという。団体観光客の空席を埋めている中国人の個人輸入代行業者が連休を前に「休み」をとる可能性があるという点もネガティブな要因として指摘されている。

翻訳:尹怡景
info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国経済は新型コロナウイルス感染症の影響で、今年第2四半期に過去最悪の成長率-32.9%を記録した。…
  2. 一時出国した後、日本への再入国が閉ざされていた留学生や駐在員などの再入国が、来月初から制限的に許可さ…
  3. ビットコイン(BTC)が1万1000ドルラインを突破した。ビットコインの価格が1万1000ドルを超え…
  4. アップルは来たる9月8日に新製品発売イベントをオンラインで開催し、アイフォン12やアップルウォッチ第…
  5. 世界の新型コロナウイルス感染者が今月26日時点で1600万人を超えた。依然として米国の感染者数が最も…

おすすめ記事

  1. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  2. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
  3. WHO(世界保健機構)が新型コロナウイルスの感染拡大はまだ進行中であり、来週には全世界の患者数が10…
  4. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  5. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
ページ上部へ戻る
Translate »