貿易戦争のさなかに米金利引き上げ…強まるタカ派

貿易戦争のさなかに米金利引き上げ…強まるタカ派

米国の中央銀行である連邦準備制度は26日、大方の予想通り政策金利を0.25%引き上げた。連邦準備制度は年内にもう一段階の金利引き上げを予告している。

連邦準備制度は、25日と26日の両日に渡る政策会議を終えた後に発表した声明で、連邦基金金利の目標範囲をこれまでの1.75〜2.00%から2.00〜2.25%に上方修正した事を明らかにした。連邦準備制度の金利引き上げは今年3回目で、2015年12月以降8回目となり、今回の引き上げにより政策金利は2008年4月の水準に戻っている。

連邦準備制度の関係者らは、2019年に少なくとも3回、そして2020年に1回の金利引き上げを見込んでおり、2020年末と2021年の政策金利を3.25〜3.50%と予測している。連邦準備制度の政策決定者らの2/3は、長期的に政策金利がおおよそ2.75%~3%の範囲に落ち着くとみている。

連邦準備制度が米中貿易戦争の影響拡大を憂慮する声にも関わらず、段階的な金利引き上げ基調を再確認し、政策声明で以前よりタカ派的な傾向をみせているのは、米国経済の評価と展望が肯定的なためだと分析されている。

連邦準備制度は、今年の米国国内総生産(GDP)成長率の予測値をこれまでの2.8%から3.1%に、来年は2.4%から2.5%にそれぞれ上方修正している。また米国の現在の失業率は3.9%で、連邦準備制度が長期的に維持が可能だとみている失業率の4.5%より低い。

パウエル議長は、「貿易戦争が消費者物価に及ぼす影響を注意深く見守っている。しかし連邦準備制度はここまでインフレーションが関税により上がっているというサインを確認出来なかった」と述べ、現時点でインフレ過熱を懸念していないことを示唆した。

またパウエル議長は、貿易戦争と関税が長期的にもたらす影響に憂慮を表したものの、今のところ米国の全体経済に及ぼす影響は大きくないと評した。

翻訳:水野卓
info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 文大統領の支持率52%、5週連続で下落…野党は支持率上昇 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領…
  2. 390億円の宝くじに当たった男の秘訣は...「25年間同じナンバーを選んだ」 25年間に渡り同…
  3. アップル、映画の製作に本格進出 アップルが映画制作会社と提携し、今後の映画コンテンツ事業を本格…
  4. プーチン氏「原油価格は70ドル台が適切」 ロシアのプーチン大統領が適切な原油価格について1バレ…
  5. 北朝鮮、徴用工問題に日本を非難「謝罪すべきだ」 韓国を訪れた北朝鮮の李種革(リ・ジョンヒョク)…

おすすめ記事

  1. 2018-11-16

    [ワールドリポート] 移民キャラバンの誕生

    [ワールドリポート] 移民キャラバンの誕生 中米史上最大規模の「キャラバン」と呼ばれた移民集団…
  2. 2018-11-8

    米中間選挙の勝者はトランプ?「上院の勝利で弾劾される恐れが消えた」

    米中間選挙の勝者はトランプ?「上院の勝利で弾劾される恐れが消えた」 2018年米国中間選挙が予…
  3. 2018-10-30

    韓国最高裁、元徴用工訴訟に新日鉄住金の賠償命令を判決…「個人請求権は消滅していない」

    韓国最高裁、元徴用工訴訟に新日鉄住金の賠償命令を判決...「個人請求権は消滅していない」 日本…
  4. 2018-10-29

    韓国ではアダルトサイトを見ることもダメ?過度な処置に不満爆発

    韓国ではアダルトサイトを見ることもダメ?過度な処置に不満爆発 「アダルト動画も好きなように見られな…
  5. 2018-10-26

    共同警備区域の非武装化が完了…北朝鮮側への観光は来月から

    韓国と北朝鮮の軍事境界線がある板門店。/WIKIMEDIA COMMONS(Henrik Ishih…

アーカイブ

ページ上部へ戻る