貿易戦争のさなかに米金利引き上げ…強まるタカ派

貿易戦争のさなかに米金利引き上げ…強まるタカ派

米国の中央銀行である連邦準備制度は26日、大方の予想通り政策金利を0.25%引き上げた。連邦準備制度は年内にもう一段階の金利引き上げを予告している。

連邦準備制度は、25日と26日の両日に渡る政策会議を終えた後に発表した声明で、連邦基金金利の目標範囲をこれまでの1.75〜2.00%から2.00〜2.25%に上方修正した事を明らかにした。連邦準備制度の金利引き上げは今年3回目で、2015年12月以降8回目となり、今回の引き上げにより政策金利は2008年4月の水準に戻っている。

連邦準備制度の関係者らは、2019年に少なくとも3回、そして2020年に1回の金利引き上げを見込んでおり、2020年末と2021年の政策金利を3.25〜3.50%と予測している。連邦準備制度の政策決定者らの2/3は、長期的に政策金利がおおよそ2.75%~3%の範囲に落ち着くとみている。

連邦準備制度が米中貿易戦争の影響拡大を憂慮する声にも関わらず、段階的な金利引き上げ基調を再確認し、政策声明で以前よりタカ派的な傾向をみせているのは、米国経済の評価と展望が肯定的なためだと分析されている。

連邦準備制度は、今年の米国国内総生産(GDP)成長率の予測値をこれまでの2.8%から3.1%に、来年は2.4%から2.5%にそれぞれ上方修正している。また米国の現在の失業率は3.9%で、連邦準備制度が長期的に維持が可能だとみている失業率の4.5%より低い。

パウエル議長は、「貿易戦争が消費者物価に及ぼす影響を注意深く見守っている。しかし連邦準備制度はここまでインフレーションが関税により上がっているというサインを確認出来なかった」と述べ、現時点でインフレ過熱を懸念していないことを示唆した。

またパウエル議長は、貿易戦争と関税が長期的にもたらす影響に憂慮を表したものの、今のところ米国の全体経済に及ぼす影響は大きくないと評した。

翻訳:水野卓
info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  2. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  3. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  4. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
  5. 韓国政府は31日、9月3日0時から海外入国者に義務付けられていた入国前のコロナ検査と陰性証明書の提出…
ページ上部へ戻る
Translate »