アジア新興国の来年成長率が18年ぶり低水準に

アジア新興国の来年成長率が18年ぶり低水準に

アジア新興国の来年経済成長率が貿易戦争と景気鈍化、米国の金利引き上げ、ドル高などの悪材料により18年ぶりに低い水準を記録するという見通しが出た。英紙フィナンシャル・タイムズによると、専門家らは、実際に成長率が墜落した場合、下落基調は少なくとも2022年まで持続すると予想している。

調査会社フォーカス・エコノミックスは世界90カ所の銀行と資産運用会社、コンサルティング会社、格付け会社を対象にアンケート調査を行い、来年度のアジア新興国(19ヵ国)の平均GDP(国内総生産)成長率が5.8%にとどまると予測した。これは2001年に米国で「ドットコムバブル」が崩壊した時の成長率(5%)以来、約18年ぶりの低水準。

分析結果によると、このような下落は少なくとも2022年まで続く見通しで、GDP成長率は5.3%まで低下すると推定される。国際通貨基金(IMF)は4月の報告書で、アジア新興国30ヵ国のGDP成長率が今年から2020年まで6.5%に停滞し、2022年に6.3%になると予測した。

フォーカス・エコノミックスのリカルト・トルネ氏は「成長鈍化は数年間避けられない」とし、「アジア新興国が今年の3・4四半期から、国際的な成長率の鈍化と貿易紛争による被害を受け始めた」と説明した。また「中国と台湾では今年7〜8月の製造業購買担当者景気指数(PMI)が下落傾向を見せており、韓国はすでに萎縮の領域に入っている」と述べた。

今回の調査によると、アジア新興国を率いる中国のGDP成長率が来年に6.3%を記録し、今年より0.3%下落するとみられる。2022年までは毎年0.3%前後の割合で減少していくと予想される。この成長率は、2007年の14.7%の半分にも満たない水準だ。

成長鈍化の原因は様々だが、特に米中の貿易摩擦が根本的な原因ではないという分析が注目を集めている。英国調査会社キャピタル・エコノミクスのゲリス氏は「中国が今年7〜8月に米国に輸出した物量は今年2四半期の平均よりも増えており、中国に中間財を輸出する韓国と台湾の対中国輸出規模も維持されている」と強調。同氏は「中国の成長鈍化は、米国との全面的な貿易戦争がなかったとしても発生した」とし、「内需中心の経済に転換しようとする中国政府の経済計画自体が成長鈍化を招いた」と分析した。
しかし大体の海外専門家らは、アジア新興国の人口変化と遅い改革速度、社会基盤施設の脆弱性などが成長の妨げとなっていると分析した。

米国の金利引き上げも悪材料だ。新興国の中央銀行が資金流出を防ぐため、米金利に沿って自国の政策金利を引き上げると、低迷した景気にさらなる悪影響になる可能性が高い。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国の巨大IT4社の時価総額が6日(現地時間)、1兆ドルに再進入した。 同日、グーグル親企業のアル…
  2. 「毎瞬間、改革しなければならない」失われた20年という「死の谷間(デスバレー)」を乗り越えた日本企業…
  3. 新型コロナウイリスの感染拡散の憂慮などで主要国の経済活動の回復が遅れる可能性が高まっている。…
  4. 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は22日、北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第…
  5. トランプ米大統領は3ヵ月ぶりに開催した支持者集会が興行に失敗すると、激怒した。 21日(現地時間)…

おすすめ記事

  1. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
  2. WHO(世界保健機構)が新型コロナウイルスの感染拡大はまだ進行中であり、来週には全世界の患者数が10…
  3. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  4. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  5. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
ページ上部へ戻る
Translate »