サウジアラビア、ソフトバンク投資の太陽光発電所計画中止へ

サウジアラビア、ソフトバンク投資の太陽光発電所計画中止へ

サウジアラビア政府が、ソフトバンクとの2000億ドル(約22兆7800億円)規模の太陽光発電所を建設する計画を中止したと、ウォール・ストリート・ジャーナルが先月30日に報じた。

同紙はサウジアラビア政府顧問の話として、「今年3月にソフトバンクの孫正義CEOとサウジアラビアのムハンマド皇太子がニューヨークで合意した、世界最大の太陽光発電所建設プロジェクトが中止となった」と伝えている。

サウジアラビアは、同国の1日の電力消費量の3倍以上となる、200GW(ギガワット)の電力を生産出来る太陽光発電所の建設を通じ、産油国から太陽光エネルギー国家への転身を試みて来た。

しかし、サウジアラビア政府は再生可能エネルギー利用を増やす実用的な戦略に転換中で、今月末にはこれに関連する新規プロジェクト公開を通じて具体的な内容を発表すると、政府顧問が明かした。

サウジアラビアの政府系ファンドとソフトバンクは、1000億ドル規模のベンチャー「ビジョン・ファンド」を設立し、スタートアップに対する投資事業を行なっている。

今回の発電所建設中止は、サウジアラビアの国営石油企業「アラムコ」の上場延期に続き、サウジアラビア政府が論議の末に計画を変更したもうひとつの事例となる。サウジアラビア政府顧問は「計画発表で注目を浴びるのは簡単だが、施行は難しい」と話している。

あるエネルギー事業関係者は、「サウジアラビア政府は、これまで発電所建設予定地をはじめとした建設手順と、政府からの補助金支援など、事業に対する細部事項を決められなかった」と、「皆が発電所のアイディアが無くなる事を望んでいた」と語り、可能性が低くなった事を認めている。

ウォール・ストリート・ジャーナルは、サウジアラビアが過去にも広大な砂漠と豊富な太陽光を利用して、太陽光エネルギーを育成しようとしたものの、高価格と物流問題に直面し、現在は全ての電力を原油や軽油、ガスを燃焼させて生産していると伝えている。

翻訳:水野卓
info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. ハロウィンの梨泰院圧死事故では、緊急災害メッセージの発信が遅かったとの批判も見られる中、韓国政府も緊…
  2. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  3. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  4. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  5. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
ページ上部へ戻る
Translate »