サウジアラビア、ソフトバンク投資の太陽光発電所計画中止へ

サウジアラビア、ソフトバンク投資の太陽光発電所計画中止へ

サウジアラビア政府が、ソフトバンクとの2000億ドル(約22兆7800億円)規模の太陽光発電所を建設する計画を中止したと、ウォール・ストリート・ジャーナルが先月30日に報じた。

同紙はサウジアラビア政府顧問の話として、「今年3月にソフトバンクの孫正義CEOとサウジアラビアのムハンマド皇太子がニューヨークで合意した、世界最大の太陽光発電所建設プロジェクトが中止となった」と伝えている。

サウジアラビアは、同国の1日の電力消費量の3倍以上となる、200GW(ギガワット)の電力を生産出来る太陽光発電所の建設を通じ、産油国から太陽光エネルギー国家への転身を試みて来た。

しかし、サウジアラビア政府は再生可能エネルギー利用を増やす実用的な戦略に転換中で、今月末にはこれに関連する新規プロジェクト公開を通じて具体的な内容を発表すると、政府顧問が明かした。

サウジアラビアの政府系ファンドとソフトバンクは、1000億ドル規模のベンチャー「ビジョン・ファンド」を設立し、スタートアップに対する投資事業を行なっている。

今回の発電所建設中止は、サウジアラビアの国営石油企業「アラムコ」の上場延期に続き、サウジアラビア政府が論議の末に計画を変更したもうひとつの事例となる。サウジアラビア政府顧問は「計画発表で注目を浴びるのは簡単だが、施行は難しい」と話している。

あるエネルギー事業関係者は、「サウジアラビア政府は、これまで発電所建設予定地をはじめとした建設手順と、政府からの補助金支援など、事業に対する細部事項を決められなかった」と、「皆が発電所のアイディアが無くなる事を望んでいた」と語り、可能性が低くなった事を認めている。

ウォール・ストリート・ジャーナルは、サウジアラビアが過去にも広大な砂漠と豊富な太陽光を利用して、太陽光エネルギーを育成しようとしたものの、高価格と物流問題に直面し、現在は全ての電力を原油や軽油、ガスを燃焼させて生産していると伝えている。

翻訳:水野卓
info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  3. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  4. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  5. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »