金価額が底を打った?…各国中銀が相次ぐ買収

金価額が底を打った?…各国中銀が相次ぐ買収

激しい貿易戦争の中でもこれまで下落してきた金の国際価格。しかし最近もう底を打ったのではないかという主張が提起され注目を集めている。特に価格が安くなった隙間を利用し、各国の中央銀行の金買収が増していることに専門家が注目していると、マーケットウォッチが7日報道した。

鉱山会社ゴールドマイニングのジェフ・ライト副社長は「最近、中央銀行の金の買取が3年ぶりに最も活発な動きを見せている」とし「金の価格が底を打ったと、またはほぼ底に近づいていると信じている」と述べた。各国の中銀が金の買取に出る理由については「金の価格が落ちたことだけではなく、米国と中国の貿易戦争の余波と英国の欧州連合(EU)離脱に対する不安も、安全資産の需要を増やす背景となっている」と説明した。

有力産金業界団体のワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)の統計によると、今年1〜6月の世界の中央銀行は昨年同期より8%増えた193.3トンの金を買い入れた。これは2015年上半期以来最も多い買取量だ。ポーランドの場合は、7月と8月にそれぞれ金の保有量を1.9トンと7.5トンを追加した。世界規模で大きな量ではないが、1998年以降、初めての金の買い取りという点と、欧州の中央銀行がこれまで金を売ってきたという点などから注目されている。

USグローバル・インベスターズの最高経営責任者(CEO)フランク・ホームス氏は、「先月、鉱業大手ランドゴールドリソースとバリックゴールドの183億ドル規模の合併は、金の価格が底を打った兆候として受け入れなければならない」と述べた。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米テスラCEOイーロン・マスク氏が連日仮想通貨を賛辞している。仮想通貨専門メディアCCNは21日(現…
  2. 韓国野党「民主平和党」の鄭東泳(チョン・ドンヨン)代表は21日、慰安婦問題と関連して日本政府の謝罪と…
  3. 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長がベトナム・ハノイまで専用の列車を利用して移動する可能性があ…
  4. サムスン電子が20日、米国サンフランシスコのビル・グラハム・シビックセンターで「サムスンGalaxy…
  5. ビットコインの価額が4000ドルを巡る攻防が激しくなる模様だ。4000ドル台を回復すると、さらに上昇…

おすすめ記事

  1. 2019-2-12

    韓国、海外ポルノサイトへの接続遮断でネット民が悲鳴

    韓国のネット民、特に男性ユーザーが悲鳴を上げている。韓国政府が海外ポルノサイトへの接続を遮断する強力…
  2. 2019-2-8

    イエレン前FRB議長、「FRBの次の一手は金利引き下げ」

    米FRBが次に取る政策は、金利引き上げではなく金利引き下げになると、ジャネット・イエレン前FRB議長…
  3. 2019-1-31

    ベネズエラ石油制裁本格化…事実上最大の被害国は米?

    トランプ政権によるベネズエラへの経済制裁は、全世界の石油業界、特に米国の石油業界に深刻な打撃を与える…
  4. 2019-1-30

    またも歴代最低出生数を更新…加速する韓国の少子化

    韓国の出生数がまたも歴代最低数値を更新した。政府は少子化対策のためここ13年間130兆ウォン(約12…
  5. 2019-1-28

    日韓再婚カップル、子供の相続分は?

    国際結婚の場合は、まずどちらの国の法律が適用されるかを考えなければなりません。亡くなられた方が韓国国…

アーカイブ

ページ上部へ戻る