金価額が底を打った?…各国中銀が相次ぐ買収

金価額が底を打った?…各国中銀が相次ぐ買収

激しい貿易戦争の中でもこれまで下落してきた金の国際価格。しかし最近もう底を打ったのではないかという主張が提起され注目を集めている。特に価格が安くなった隙間を利用し、各国の中央銀行の金買収が増していることに専門家が注目していると、マーケットウォッチが7日報道した。

鉱山会社ゴールドマイニングのジェフ・ライト副社長は「最近、中央銀行の金の買取が3年ぶりに最も活発な動きを見せている」とし「金の価格が底を打ったと、またはほぼ底に近づいていると信じている」と述べた。各国の中銀が金の買取に出る理由については「金の価格が落ちたことだけではなく、米国と中国の貿易戦争の余波と英国の欧州連合(EU)離脱に対する不安も、安全資産の需要を増やす背景となっている」と説明した。

有力産金業界団体のワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)の統計によると、今年1〜6月の世界の中央銀行は昨年同期より8%増えた193.3トンの金を買い入れた。これは2015年上半期以来最も多い買取量だ。ポーランドの場合は、7月と8月にそれぞれ金の保有量を1.9トンと7.5トンを追加した。世界規模で大きな量ではないが、1998年以降、初めての金の買い取りという点と、欧州の中央銀行がこれまで金を売ってきたという点などから注目されている。

USグローバル・インベスターズの最高経営責任者(CEO)フランク・ホームス氏は、「先月、鉱業大手ランドゴールドリソースとバリックゴールドの183億ドル規模の合併は、金の価格が底を打った兆候として受け入れなければならない」と述べた。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米FRBが、当分の間は金利を動かさないとの方針を再確認した。FRBは22日に公開した前回のFOMC議…
  2. 米国議会調査局は、韓国と米国が対北朝鮮政策と関連し大きい差を見せていると指摘した。…
  3. 米国の大手通信会社AT&Tが通信料金の支払いに仮想通貨の利用を支援する。AT&Tは23日(現地時間)…
  4. 米国が対北制裁に違反した北朝鮮の貨物船を差し押さえ、北朝鮮も返還を求め国連などの国際社会に対し外交戦…
  5. 徴用工判決および賠償問題と関連し韓国が財団設立を検討しているとの日本メディアの報道に対し、韓国政府が…

おすすめ記事

  1. 2019-5-22

    OECD、韓国経済成長見通しまた下方修正 2.6%→2.4%

    経済協力開発機構(OECD)が韓国の今年の経済成長率見通しを従来の2.6%から2.4%に0.2%ポイ…
  2. 2019-5-20

    ファーウェイ、「米市場を放棄してでも、妥協はしない」…攻勢に出る中国

    米中貿易交渉を再開するための最後のチャンネルと期待されている、両国の高位級貿易交渉が岐路に立たされて…
  3. 2019-5-14

    激化する米中貿易摩擦、次は通貨安競争か

    貿易交渉で対立している米国と中国が、最悪の状況を想定した防御の準備に苦心している模様だ。安定に維持し…
  4. 2019-5-13

    Uberも上場直後から株価急落…スタートアップの限界露呈?

    2014年のアリババ上場後、約5年振りの超大型新規株式公開(IPO)として注目を集めていたUberだ…
  5. 2019-5-9

    イラン、核開発再開を宣言… 緊張感高まる中東情勢

    イランが西側諸国と2015年に締結した核合意の履行を一部停止するとの方針を8日(現地時間)に打ち出し…

アーカイブ

ページ上部へ戻る