金価額が底を打った?…各国中銀が相次ぐ買収

金価額が底を打った?…各国中銀が相次ぐ買収

激しい貿易戦争の中でもこれまで下落してきた金の国際価格。しかし最近もう底を打ったのではないかという主張が提起され注目を集めている。特に価格が安くなった隙間を利用し、各国の中央銀行の金買収が増していることに専門家が注目していると、マーケットウォッチが7日報道した。

鉱山会社ゴールドマイニングのジェフ・ライト副社長は「最近、中央銀行の金の買取が3年ぶりに最も活発な動きを見せている」とし「金の価格が底を打ったと、またはほぼ底に近づいていると信じている」と述べた。各国の中銀が金の買取に出る理由については「金の価格が落ちたことだけではなく、米国と中国の貿易戦争の余波と英国の欧州連合(EU)離脱に対する不安も、安全資産の需要を増やす背景となっている」と説明した。

有力産金業界団体のワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)の統計によると、今年1〜6月の世界の中央銀行は昨年同期より8%増えた193.3トンの金を買い入れた。これは2015年上半期以来最も多い買取量だ。ポーランドの場合は、7月と8月にそれぞれ金の保有量を1.9トンと7.5トンを追加した。世界規模で大きな量ではないが、1998年以降、初めての金の買い取りという点と、欧州の中央銀行がこれまで金を売ってきたという点などから注目されている。

USグローバル・インベスターズの最高経営責任者(CEO)フランク・ホームス氏は、「先月、鉱業大手ランドゴールドリソースとバリックゴールドの183億ドル規模の合併は、金の価格が底を打った兆候として受け入れなければならない」と述べた。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 文大統領の支持率52%、5週連続で下落…野党は支持率上昇 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領…
  2. 390億円の宝くじに当たった男の秘訣は...「25年間同じナンバーを選んだ」 25年間に渡り同…
  3. アップル、映画の製作に本格進出 アップルが映画制作会社と提携し、今後の映画コンテンツ事業を本格…
  4. プーチン氏「原油価格は70ドル台が適切」 ロシアのプーチン大統領が適切な原油価格について1バレ…
  5. 北朝鮮、徴用工問題に日本を非難「謝罪すべきだ」 韓国を訪れた北朝鮮の李種革(リ・ジョンヒョク)…

おすすめ記事

  1. 2018-11-16

    [ワールドリポート] 移民キャラバンの誕生

    [ワールドリポート] 移民キャラバンの誕生 中米史上最大規模の「キャラバン」と呼ばれた移民集団…
  2. 2018-11-8

    米中間選挙の勝者はトランプ?「上院の勝利で弾劾される恐れが消えた」

    米中間選挙の勝者はトランプ?「上院の勝利で弾劾される恐れが消えた」 2018年米国中間選挙が予…
  3. 2018-10-30

    韓国最高裁、元徴用工訴訟に新日鉄住金の賠償命令を判決…「個人請求権は消滅していない」

    韓国最高裁、元徴用工訴訟に新日鉄住金の賠償命令を判決...「個人請求権は消滅していない」 日本…
  4. 2018-10-29

    韓国ではアダルトサイトを見ることもダメ?過度な処置に不満爆発

    韓国ではアダルトサイトを見ることもダメ?過度な処置に不満爆発 「アダルト動画も好きなように見られな…
  5. 2018-10-26

    共同警備区域の非武装化が完了…北朝鮮側への観光は来月から

    韓国と北朝鮮の軍事境界線がある板門店。/WIKIMEDIA COMMONS(Henrik Ishih…

アーカイブ

ページ上部へ戻る