LINEの仮想通貨「LINK」が16日上場…5ドル価値保障制に関心集中

LINEの仮想通貨「LINK」が16日上場…5ドル価値保障制に関心集中

LINE(ライン)が発行する初の仮想通貨「LINK(リンク)」が16日、仮想通貨取引所「BITBOX(ビットボックス)」に上場される。LINKの最大の特徴は、‟最低価の保障制”。ブロックチェーンサービスの活性化という目的を成し遂げられるのか焦眉の関心事となっている。

LINKは、LINEが披露するDAppsサービスで活用できる仮想通貨。最初の上場価格は5ドルで、上場されると、取引状況に応じて価格が変動する。しかしLINEは「LINKの最低価値は5ドルで、それを保障する」と白書に記載した。取引状況によってLINKの価格が5ドル以下に下がってもLINEが運営するDAppsサービスでは1LINK=5ドルの価値を保障することを意味する。

コイン専門家らはLINKの最低価値保障について、「投資手段としてのコインではなく、利用者がLINEの様々なDAppsを実際に購入する、LINEエコシステムの活性化のための布石とみられる」と分析している。

LINK Chainの開発社unchain(アンチェーン)のイ・ホンギュ社長は「LINEのDappsは、実生活で活用されている法定通貨で販売する」とし「5ドルのサービスを1LINKで決済できる」と説明した。つまり、製品やサービスを1LINK、2LINKなどLINK基準価額で表記しないことで、こうなると、利用者は自身が保有しているLINKをどのように活用するかを決定することになる。

専門家らは取引所で1LINKの価値が5ドル以下になると、LINEが提供するサービスの購入などに使用する可能性が高い一方、5ドル以上になると、LINKを取引所を通じて売り、交換した法定通貨でサービスを決済すると予想している。

イ社長は「LINKの最低価値をLINEが保障するため、LINKを投資手段として見る利用者より、実際に活用しようとする利用者が増える可能性がある」とし「特に取引所での価格が5ドル以下に下がると、多くの利用者がDAppsサービスにLINKを利用すると予想される」と説明した。

結局、LINKの利用率は、LINEがどのようなDAppsサービスを披露かに左右される。利用者が実際に利用するDAppsが多くないと、LINKを取引所で取引する利用者よりもDAppsで活用する利用者の数が少なくなるからだ。

LINEは現在、5種の新DAppsを日本で披露した。またLINEが今後披露するサービスは、ほとんどDAppsでリリースする計画だ。LINEの親会社NAVER(ネイバー)もLINKの導入を検討しているという。

イ社長は「LINKという一つの仮想通貨で様々なサービスを利用できるようにすることが目標」とし「別のサービスからもらうLINKを、利用者が希望するサービスで自由に利用できるようにしたい」と伝えた。

LINEは今後、ブロックチェーンプラットフォーム「LINK Chain」を公開し、他の事業者のサービスでも「LINK」を活用できる環境を構築する計画だ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  3. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  4. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  5. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »