エンパイアステートビルが500万円で売れた?仮想空間の不動産売買に関心集中…大阪城も物件に登場

エンパイアステートビルが500万円で売れた?仮想空間の不動産売買に関心集中…大阪城も物件に登場

米ニューヨークのランドマークであるエンパイアステートビルが日本円で500万円で売れた。実際の出来ことではなく、仮想空間の話だ。

ブロックチェーンゲーム開発社Mossland(モスランド)は18日、「モスランド・ザ・オークション」の初のオークションが総落札額450万モスコイン(当時の相場で約2千億円)を達成したと明らかにした。

「モスランド・ザ・オークション」は、来年下半期発売予定の拡張現実(AR)ゲーム「モスランド・ザ・シティ」で取引される全世界の有名建物をオークションを通じて販売し、利用者が事前に先取りできるようにするサービス。利用者は仮想通貨モスコイン(MOC)を使用してオークションに参加することができる。

初オークションの物件には韓国の光化門や米国のエンパイアステートビルなどが登場され大きな関心を集めた。特にエンパイアステートビルには参加者が多く、オークションが2時間以上延長。最終的に109万モスコイン(当時の相場で約500万円)で落札された。

同オークションが話題になり、モスコインの価額も急騰した。仮想通貨取引所GOPAXによると、初のオークション開始時点に4円台だったモスコインの価格はオークションが終了した16日に5円台まで上昇。2回目のオークションが進行中の18日午後2時時点には7円台で取引されている。

モスランドの関係者は、「今回の事例は、仮想通貨が単純な投資対象ではなく、実際に活用できるという点を証明してくれる」とし「オークションに登場する建物は今後、モスランド・ザ・シティで活用することができるため、利用者の参加も活発になっている」と説明した。

19日に開始する3回目のオークションには日本の大阪城も登場する予定で、日本からの参加も大幅に増加すると予想される。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アンニョンハセヨ。 去年から自粛生活が続くなかで家にいる間に韓国ドラマに、はまった方が多いそうです…
  2. −「アップルと自動運転車の開発協議を進めていない」−現代自動車・KIA・現代モービス、公式に発表−…
  3. 軍部に監禁されたアウンサンスーチー国家顧問 今月1日、クーデターでミャンマー政府を掌握した軍部指導…
  4. - inno.N胃食道逆流疾患新薬ケイキャップ錠、中国許可審査着手- 2015年に中国ロシン(Lu…
  5. イメージはゲームストップの公式Twitterより。 米株式市場で最近、機関投資家らに対抗してゲーム…

おすすめ記事

  1. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
  2. 韓国で初めて猫の新型コロナウイルス感染事例が発生した。写真は本社DB −「人への感染事例は無い」 …
  3. ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。写真は徐敬德教授が提供。 韓国誠信女子大の徐敬德教…
  4. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
  5. 米国の新型コロナウイルス感染症による1日の死亡者数が過去最悪のテロ事件に上げられる911テロの犠牲…
ページ上部へ戻る
Translate »