エンパイアステートビルが500万円で売れた?仮想空間の不動産売買に関心集中…大阪城も物件に登場

エンパイアステートビルが500万円で売れた?仮想空間の不動産売買に関心集中…大阪城も物件に登場

米ニューヨークのランドマークであるエンパイアステートビルが日本円で500万円で売れた。実際の出来ことではなく、仮想空間の話だ。

ブロックチェーンゲーム開発社Mossland(モスランド)は18日、「モスランド・ザ・オークション」の初のオークションが総落札額450万モスコイン(当時の相場で約2千億円)を達成したと明らかにした。

「モスランド・ザ・オークション」は、来年下半期発売予定の拡張現実(AR)ゲーム「モスランド・ザ・シティ」で取引される全世界の有名建物をオークションを通じて販売し、利用者が事前に先取りできるようにするサービス。利用者は仮想通貨モスコイン(MOC)を使用してオークションに参加することができる。

初オークションの物件には韓国の光化門や米国のエンパイアステートビルなどが登場され大きな関心を集めた。特にエンパイアステートビルには参加者が多く、オークションが2時間以上延長。最終的に109万モスコイン(当時の相場で約500万円)で落札された。

同オークションが話題になり、モスコインの価額も急騰した。仮想通貨取引所GOPAXによると、初のオークション開始時点に4円台だったモスコインの価格はオークションが終了した16日に5円台まで上昇。2回目のオークションが進行中の18日午後2時時点には7円台で取引されている。

モスランドの関係者は、「今回の事例は、仮想通貨が単純な投資対象ではなく、実際に活用できるという点を証明してくれる」とし「オークションに登場する建物は今後、モスランド・ザ・シティで活用することができるため、利用者の参加も活発になっている」と説明した。

19日に開始する3回目のオークションには日本の大阪城も登場する予定で、日本からの参加も大幅に増加すると予想される。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ドナルド・トランプ米大統領が1段階の米中貿易合意に署名した。ブルームバーグ通信が12日(現地時間)、…
  2. 11日(現地時間)、ビットコイニストによると、同社のジャック・ドーシーCEOは「脱中央型SNSを開発…
  3. 先月27日、UPbitから流出した580億ウォン(約53億円)相当の仮想通貨が事件発生後の2週間で1…
  4. 「逃亡犯条例」改定案への反対で始まった「香港デモ」の参加者らが、米時事週刊誌タイムの読者が選んだ「今…
  5. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…

おすすめ記事

  1. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…
  2. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  3. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  4. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  5. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
ページ上部へ戻る