エンパイアステートビルが500万円で売れた?仮想空間の不動産売買に関心集中…大阪城も物件に登場

エンパイアステートビルが500万円で売れた?仮想空間の不動産売買に関心集中…大阪城も物件に登場

米ニューヨークのランドマークであるエンパイアステートビルが日本円で500万円で売れた。実際の出来ことではなく、仮想空間の話だ。

ブロックチェーンゲーム開発社Mossland(モスランド)は18日、「モスランド・ザ・オークション」の初のオークションが総落札額450万モスコイン(当時の相場で約2千億円)を達成したと明らかにした。

「モスランド・ザ・オークション」は、来年下半期発売予定の拡張現実(AR)ゲーム「モスランド・ザ・シティ」で取引される全世界の有名建物をオークションを通じて販売し、利用者が事前に先取りできるようにするサービス。利用者は仮想通貨モスコイン(MOC)を使用してオークションに参加することができる。

初オークションの物件には韓国の光化門や米国のエンパイアステートビルなどが登場され大きな関心を集めた。特にエンパイアステートビルには参加者が多く、オークションが2時間以上延長。最終的に109万モスコイン(当時の相場で約500万円)で落札された。

同オークションが話題になり、モスコインの価額も急騰した。仮想通貨取引所GOPAXによると、初のオークション開始時点に4円台だったモスコインの価格はオークションが終了した16日に5円台まで上昇。2回目のオークションが進行中の18日午後2時時点には7円台で取引されている。

モスランドの関係者は、「今回の事例は、仮想通貨が単純な投資対象ではなく、実際に活用できるという点を証明してくれる」とし「オークションに登場する建物は今後、モスランド・ザ・シティで活用することができるため、利用者の参加も活発になっている」と説明した。

19日に開始する3回目のオークションには日本の大阪城も登場する予定で、日本からの参加も大幅に増加すると予想される。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は22日、北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第…
  2. トランプ米大統領は3ヵ月ぶりに開催した支持者集会が興行に失敗すると、激怒した。 21日(現地時間)…
  3. ジョン・ボルトン元・米国国家安全保障問題担当大統領補佐官の回顧録の内容が更に公開され、トランプ政権の…
  4. サーモンが新型コロナウイルスの感染源だという濡れ衣を晴らした。ノルウェーと中国の両国は、サーモンは新…
  5. 安価で広く使われている抗炎症治療剤「デキサメタゾン」が、新型コロナウイリスの治療剤として急浮上した。…

おすすめ記事

  1. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  2. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  3. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  4. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  5. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
ページ上部へ戻る
Translate »