「米利上げは来年末まで5回」=ゴールドマン・サックス

「米利上げは来年末まで5回」=ゴールドマン・サックス

米投資銀行大手ゴールドマン・サックスは、連邦準備制度理事会(FRB)が市場の予測よりも速い速度で政策金利を引き上げる可能性があると予想した。

ゴールドマン・サックスは18日、「来年末までに、FRBが政策金利を5回引き上げすると見られる」と見通した。5回は、市場の予測より2回も多い数値。その理由としてゴールドマン・サックスは、「FRBは潜在的な成長レベルで景気を安定させなければならない。そのため、金融環境を著しく緊縮させる必要があり、予想よりも多くの利上げが必要になる」と説明した。

FRBは今年に入り政策金利引き上げを3回も行ったが、今年12月を含めて2020年までに更なる段階的な利上げを予告している。

一方、FRBのクオールズ副議長は同日、米・ニューヨークの講演で、「現在の好況が今後何年続くか分からないため、四半期に1回程度の利上げで‟安定的かつ段階的で予想可能な”利上げを推進すべきだ」と述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 華為技術幹部逮捕に中国の強まる米非難...報復措置を警告 中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)…
  2. 金正恩氏の年内訪韓は?韓国政府「慌てず催促せず」姿勢強調 ‐韓国政府「今まで進捗した状況…
  3. ビットコインが上昇...BSVは100ドル割り込む ビットコインの価額が上昇の動きを見せている。コイ…
  4. イーサリアム、来年1月にハードフォーク予定 イーサリアムのハードフォークである「コンスタンティノー…
  5. 台湾が脱原発を放棄...その理由は? 台湾の蔡英文政権の脱原発政策にブレーキがかかっている。先月24…

おすすめ記事

  1. 2018-12-10

    歪める韓国音楽チャート…アイドルのファンに占領された

    歪める韓国音楽チャート…アイドルのファンに占領された -評論家「組織的ファンを持たない歌手は…
  2. 2018-12-5

    拇印で結んだ契約 効力はあるか?

    [JL WATER JAPAN代表 朴性文の法律相談] 拇印で結んだ契約 効力はあるか? ‐…
  3. 2018-12-3

    拡大するAI活用、日本の7原則と中国の限界

    拡大するAI活用、日本の7原則と中国の限界 中国の指導部が人工知能(AI)をテーマにセミナーを…
  4. 2018-12-3

    米中貿易戦争「90日間休戦」…完全妥結までは道のり長く

    米中貿易戦争「90日間休戦」...完全妥結までは道のり長く ‐紛争拡大時には中国経済にも打撃…両国…
  5. 2018-11-27

    牛肉の産地情報もブロックチェーンで管理

    牛肉の産地情報もブロックチェーンで管理 ‐韓国情報通信部、来年1月よりブロックチェーンによる畜…

アーカイブ

ページ上部へ戻る