米国証券取引委員会、フィンテク専担部署新設…仮想通貨も対象

米国証券取引委員会、フィンテク専担部署新設…仮想通貨も対象

米証券取引委員会(SEC)は19日、新規仮想通貨公開(ICO)などの仮想通貨分野を含むフィンテック専担部署を新たに設立したと発表した。

新設の部署名はフィンハブ(FinHub)。金融技術と分散台帳技術、人工知能、デジタルマーケットプレイスなどの分野での規制問題を調整し、スタートアップ企業.の活性化を支援する予定だ。

フィンハブは、証券取引委員会のデジタル資産と技術革新担当チーフアドバイザーであるヴァレリー・シュチェパニク氏が率いる。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国内での新型コロナウイルス感染拡大について、ドナルド・トランプ米国大統領が「数多くの死亡者が発生す…
  2. -1ヶ月でマスク供給量は2倍に-マスク不足に対する市民意識にも変化 「薬局前の行列が消えまし…
  3. 韓国で新型コロナウイルス感染者が1万人を突破した。今年1月20日に最初の感染者が発生して74日目とな…
  4. ビットコイン半減期まであと1か月が残ているなか、価格上昇を期待する投資家らをがっかりさせる分析が出た…
  5. 世界的な仮想資産取引所バイナンスが仮想資産市況情報サイトのコインマーケットキャップを4億ドルで買収す…

おすすめ記事

  1. 日本に拠点を置いて韓国のニュースを在日韓国人に伝える「ファイナンシャルニュースジャパン」が、在日韓…
  2. 今月1日の夜9時、夜の深まりとともに不夜城と化していた、韓国の渋谷と呼ばれる「弘大」では、まだ早い時…
  3. 韓国の文在寅大統領は30日、新型コロナウイルスの感染拡大による経済危機克服策の一環として、「所得下位…
  4. 米国カリフォルニア州の共和党の下院予備選候補だったジョアン・ライト氏は先月27日、自身のツイッターで…
  5. 韓国の人口が、3カ月連続で「自然減」となったことがわかった。婚姻と出産が急減したことが原因で、出生児…
ページ上部へ戻る
Translate »