米国証券取引委員会、フィンテク専担部署新設…仮想通貨も対象

米国証券取引委員会、フィンテク専担部署新設…仮想通貨も対象

米証券取引委員会(SEC)は19日、新規仮想通貨公開(ICO)などの仮想通貨分野を含むフィンテック専担部署を新たに設立したと発表した。

新設の部署名はフィンハブ(FinHub)。金融技術と分散台帳技術、人工知能、デジタルマーケットプレイスなどの分野での規制問題を調整し、スタートアップ企業.の活性化を支援する予定だ。

フィンハブは、証券取引委員会のデジタル資産と技術革新担当チーフアドバイザーであるヴァレリー・シュチェパニク氏が率いる。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 韓国の中古品売買サイト「ニンジンマーケット」で問題となった出品のキャプチャ ‐該当出品は現在削除、…
  4. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  5. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
ページ上部へ戻る
Translate »