仮想通貨ハッキング事故、殆どは北朝鮮の仕業?

仮想通貨ハッキング事故、殆どは北朝鮮の仕業?

サイバー犯罪対応企業「グループIB」は、過去2年間の仮想通貨ハッキング事故の背後に北朝鮮があると伝えた。

同社によると、2017年から今年まで発生したハッキングによる仮想通貨の被害額9億8200万ドル。そのうち5億7100万ドルがハッカー組織「ラザルス(Lazarus)」によるハッキングで、同組織に資金を供給する背後に北朝鮮が含まれているという。

また、グループ-IBは新規仮想通貨公開(ICO)のプラットフォームがハッカーの主な攻撃対象となり、2017〜2018年のICOで集めた全資金のうち10%が盗まれたと発表した。

北朝鮮などがハッキング犯罪を起こす目的は、マネーロンダリング(資金洗浄)を通じた米ドルの確保とみられる。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米ウォルト・ディズニー社が野心的にリリースした動画ストリーミングサービス「ディズニー・プラス」がサ…
  2. 韓国の先月の就業者数がサービス業を中心に40万人以上増加した。3ヶ月連続30万人台以上を記録し、雇用…
  3. 米連邦準備制度理事会(FRB)元議長のアラン・グリーンスパン氏が中央銀行発行のデジタル通貨(CBDC…
  4. 北朝鮮か韓国の金剛山施設撤去を要求した背景には、施設の使用権を確保しようとする意図があるという意見が…
  5. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…

おすすめ記事

  1. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
  2. 沖縄にある首里城の火災は韓国人が放火したのではないかというデマが広がっている。…
  3. 北朝鮮は25日、金剛山観光地区から韓国側の施設を撤去する計画の議論を求める通知文書を発送した。…
  4. 中国の経済成長率が史上最低水準に低下した。中国の景気減速速度が速くなり、今年の経済成長率が6%前半で…
  5. 今年6月に沖縄県那覇市で中国人観光客をAEDで助けた蔚山(ウルサン)消防本部職員に那覇市消防局長から…
ページ上部へ戻る