韓国株がまた急落…アジア株も大幅安

韓国株がまた急落…アジア株も大幅安

米中貿易紛争激化の懸念から韓国株がまた急落し、年初来最安値を更新した。取引中には下値支持線とされた2100台も割り込んだ。2100台を下回ったのは1年7ヶ月ぶり。日本、中国などアジアの株式市場も急落した。

韓国証券取引所によると、23日の総合株価指数は前日比2.57%安の2106.10で取引を終えた。今月11日に4.44%下落し2129を記録した以来、再び年初来最安値を更新した。一時は心理的節目とされた2100線を割り込んだ場面もあった。韓国の総合株価指数が2100線を下回ったのは、昨年3月10日(2082.31)以来1年7ヶ月ぶりだ。先端技術株中心のコスダック指数も3.38%安の719で取引を終えた。

アジアの株式市場も急落した。同日、日経平均株価は前日比で2.67%下落した。中国の上海総合指数と台湾の加権指数もそれぞれ2.26%と2%安となった。香港のハンセン指数は3%近く下げた。

この日のアジア株式市場の下落は、米国と中国の貿易紛争激化への懸念が原因。トランプ米大統領が「中国への関税を緩和する意思はなく、中国の指導者が関税問題で、もっと苦しんでほしい」と発言したと報道され、市場では‟貿易戦争の長期化”を懸念する声が高まった。さらに、トランプ大統領の「中距離核戦略条約(INF)を破棄することができる」という発言が伝えられ、軍事的衝突への懸念で投資家の恐怖心は大きくなった。

イタリアと欧州連合(EU)執行部の葛藤も投資心理を悪化させた。イタリア政府は、EUの財政危機の警告にも、財政赤字を大幅に増やした来年度予算案を維持することを決めた。EUはイタリアの国家負債を考えると、ギリシャのような債務危機を懸念しており、双方の対立が深まる可能性が高まっている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. ハロウィンの梨泰院圧死事故では、緊急災害メッセージの発信が遅かったとの批判も見られる中、韓国政府も緊…
  2. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  3. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  4. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  5. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
ページ上部へ戻る
Translate »