韓国株がまた急落…アジア株も大幅安

韓国株がまた急落…アジア株も大幅安

米中貿易紛争激化の懸念から韓国株がまた急落し、年初来最安値を更新した。取引中には下値支持線とされた2100台も割り込んだ。2100台を下回ったのは1年7ヶ月ぶり。日本、中国などアジアの株式市場も急落した。

韓国証券取引所によると、23日の総合株価指数は前日比2.57%安の2106.10で取引を終えた。今月11日に4.44%下落し2129を記録した以来、再び年初来最安値を更新した。一時は心理的節目とされた2100線を割り込んだ場面もあった。韓国の総合株価指数が2100線を下回ったのは、昨年3月10日(2082.31)以来1年7ヶ月ぶりだ。先端技術株中心のコスダック指数も3.38%安の719で取引を終えた。

アジアの株式市場も急落した。同日、日経平均株価は前日比で2.67%下落した。中国の上海総合指数と台湾の加権指数もそれぞれ2.26%と2%安となった。香港のハンセン指数は3%近く下げた。

この日のアジア株式市場の下落は、米国と中国の貿易紛争激化への懸念が原因。トランプ米大統領が「中国への関税を緩和する意思はなく、中国の指導者が関税問題で、もっと苦しんでほしい」と発言したと報道され、市場では‟貿易戦争の長期化”を懸念する声が高まった。さらに、トランプ大統領の「中距離核戦略条約(INF)を破棄することができる」という発言が伝えられ、軍事的衝突への懸念で投資家の恐怖心は大きくなった。

イタリアと欧州連合(EU)執行部の葛藤も投資心理を悪化させた。イタリア政府は、EUの財政危機の警告にも、財政赤字を大幅に増やした来年度予算案を維持することを決めた。EUはイタリアの国家負債を考えると、ギリシャのような債務危機を懸念しており、双方の対立が深まる可能性が高まっている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 韓国の中古品売買サイト「ニンジンマーケット」で問題となった出品のキャプチャ ‐該当出品は現在削除、…
  4. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  5. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
ページ上部へ戻る
Translate »