トルコ大統領「カシュギ氏死亡は計画的な殺人…証拠ある」

トルコ大統領「カシュギ氏死亡は計画的な殺人…証拠ある」

トルコのエルドアン大統領は23日、ジャマル・カシュギ氏の殺害事件について「計画的な殺人だった」と語り、サウジアラビアが発表した「偶発的事故」に反論した。特に事件の「強力な証拠」を持っていると述べ、さらに注目を集めている。

エルドアン大統領は同日、トルコ議会で開かれた議員総会で「カシュギ氏は野蛮な殺人の被害者」とし「今回の殺害が事前に計画されたという強力な証拠がある」と述べた。エルドアン大統領の主張によると、カシュギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館を訪問する前日、総領事館が派遣したチームがイスタンブール北部のベオグラード森とボスポラス海峡の南東部を下見した。カシュギ氏が総領事館を訪問した当日には監視カメラのハードドライブが取り外され、同日午前には総領事館側がカシュギ氏に訪問のスケジュールを確認する電話まで掛けたという。また事件前日にサウジ政府の関係者3人が総領事館に到着し、2日未明には12人がイスタンブールに到着したことを確認したと主張した。

このようなエルドアン大統領の発言は、カシュギ氏の殺害が殴り合いによる偶発的な死亡と主張するサウジ政府の発表を正面から反論するもの。

エルドアン大統領は「なぜ15人がイスタンブールに来たか」、「カシュギ氏の遺体はどこにあるか?」、「誰が命令を下したか」という質問を投げつつ、多国籍委員が参加する独立委員会が同事件を徹底に捜査しなければならないと促した。また、サウジ政府が明らかにした共犯者18人について、「容疑者全員はトルコで裁判を受けなければならない」と明らかにした。

しかし、サウジのサルマン国王とムハンマド皇太子など、同事件の黒幕とされるサウジ王室については言及しなかった。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  2. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  3. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  4. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…
  5. ビットコイン(BTC)が1日で700ドルも急落した。特に今回の急落の背景として、韓国最大の仮想資産取…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »