ロシア、テレグラム使用禁止を撤回

ロシア、テレグラム使用禁止を撤回

モスクワ裁判所は、ロシアで開発された暗号化メッセンジャーサービス「テレグレム」の使用禁止措置を撤回したと海外メディアが報じた。

ロシアは今年4月、連邦保安局などの政府機関に必要な情報を提供していないとしてテレグラム使用禁止措置を下した。モスクワ裁判所は「使用禁止措置はロシア憲法に反する措置」とし、同措置の撤回命令を下した。

これを受けてテレグラムは、国家安全保障のための政府の努力を尊重し、個人情報保護と国家安全保障の折衷案を設けて政府に提案することを明らかにした。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米中の第一段階の貿易交渉が合意に到達した中、実際の履行過程における難関が少なからず予想される。…
  2. 日韓貿易当局が16日、東京で日本政府の輸出規制をめぐり、局長級政策対話を開いた。5か月前の課長級対話…
  3. 米国のビーガン北朝鮮担当特別代表が16日、韓国外交部のイ・ドフン韓半島平和交渉本部長と会談した。同席…
  4. 世界最大の証券会社であるバンク・オブ・アメリカ・メリルリンチが、過去10年間で最高の収益率を見せた資…
  5. ドナルド・トランプ米大統領が1段階の米中貿易合意に署名した。ブルームバーグ通信が12日(現地時間)、…

おすすめ記事

  1. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…
  2. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  3. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  4. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  5. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
ページ上部へ戻る