「米株の下げ幅は過度…年末までに6%反騰」=ゴールドマン

「米株の下げ幅は過度…年末までに6%反騰」=ゴールドマン

ゴールドマン・サックスは29日、「米国株式市場の過去1ヶ月間の下落は過度な水準」とし「企業の自社株買いが再開され、これまでの下落分の一部を取り戻していく」と予想した。

米経済専門局CNBCによると、ゴールドマン・サックスの専門家らは、今後数年間にわたって市場が直面するいくつかの経済的逆風を認めつつも、ファンダメンタルズがまだ堅調であることから米株が年末までに約6%反騰すると予想している。

実際にゴールドマン・サックスの米株チーフ・ストラテジスト、デービッド・コスティン氏は顧客に送った投資報告書に「最近の株価急落は、短期的な成長鈍化を過度に反映した」とし「我々は持続的な経済成長と企業の利益増加がS&P500の反発を支持すると予想している」と書いた。

また、専門家らは企業の自社株買いが再び増加したことに注目し、今年だけで自社株買いに1兆ドルの資金が投入されると見ている。ウォール・ストリート・ジャーナルも先週の記事で、「最近の株価下落や取引量の増加が企業に自社株買いの機会を提供し、市場に肯定的な影響を与える可能性がある」と予想した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »