元徴用工の李氏、「日本との過去関係を清算すべき」

元徴用工の李氏、「日本との過去関係を清算すべき」

日本の植民時代に強制徴用されたと主張する李春植(イ・チュンシク、94歳)氏は30日、元徴用工らが日本企業に賠償を求めている裁判で賠償を命じる韓国最高裁の判決が出た後、「日本政府などの過去関係を全て清算しなければならない」と感想を明らかにした。

判決後に記者会見に出席した李氏は「日本の政府と企業は(今回の判決について)却ってすっきりすると思う」とし「今回の判決で(この事件と関連した過去は)全部清算すべきだ」と強調した。

李氏は、「このような判決が出て嬉しいが、故人になった仲間たちと一緒にいられず、心が痛くて涙が出る」と複雑な思いを吐露した。同訴訟の原告4人のうち、李氏を除くヨ・ウンテク、シン・チョンス、キム・ギュス氏の3人はすでに亡くなった。

李氏の法律代理人であるキム・セウン弁護士は「今回の最高裁の判決は、ソウル高裁が下した原審判決が正当であることを確認したもの」とし「原告への慰謝料と2013年6月から滞納してきた損害賠償も一緒に確定した」と語った。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国で新型コロナウイルス感染症(コロナ19)が急増している中、米疾病対策センター(CDC)が韓国への…
  2. 新型コロナウイルスの感染拡大により中国国内にある工場の正常稼働が遅れ、経営への影響が憂慮される。新型…
  3. 韓国外交部の康京和長官がドイツで開かれるミュンヘン安全保障会議(MSC)に参席し、現地時間15日午前…
  4. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  5. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…

おすすめ記事

  1. 世界的に7万人に近い感染拡大を招いた新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の震源地について、当初知ら…
  2. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  3. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  4. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  5. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
ページ上部へ戻る
Translate »